文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > スポーツ・観光・文化 > 文化 > 文化事業 > 「島田市文化プログラム支援事業費補助金」補助団体の募集

ここから本文です。

更新日:2017年6月2日

「島田市文化プログラム支援事業費補助金」補助団体の募集

事業の目的

2020年東京オリンピック・パラリンピックの文化プログラムの一環として世界に向けた文化・芸術の発信を行うため、当該事業を行う団体に対し、事業に係る経費の一部を負担することで、島田市ならではの文化・芸術の発展に資することを目的としている事業です。

「文化プログラム」とは

スポーツと文化、教育を融合させることがオリンピックの根本的な原則としてオリンピック憲章に謳われており、2020年に東京で開催されるオリンピック・パラリンピックにおいては、日本全国で「文化プログラム」が実施され、同大会を通じて世界各国へ日本の文化として発信されることになっています。島田市では、この機を捉え、市内の文化資源や担い手の掘り起こし等を行うとともに、従来の文化・芸術活動に新たな視点や発想を取り入れた独創性の高い事業を創出することで、世界へ発信できる島田市独自の文化・芸術を創造する契機として取り組んでいくものです。

平成28年度実施事業(2件)(平成29年6月2日掲載)

akari失われゆく地域の伝統行事や地域活動など、人と人とのつながりの大切さを「あかり」に込め、小さな山村である川根地区から「ぬくもり」を発信していく取組み。LEDとソーラーパネル、充電池をペットボトルに内蔵した「あかりの照明器具」を作成・設置するワークショップを通じ、「ぬっくいあかり」を拡げていく試み。

<事業名>ぬっくいあかりづくり事業~あかりのプロムナードinかわね~

<実施団体>あかりのプロムナード事業実行委員会

 

mujineki

「人がいなくなる」という日本全体が抱える現代的課題を象徴する場所として大井川鐡道の「無人駅」を舞台に、人の姿、時間の姿、地域の姿をテーマとしたアートによる表現活動を通じて、地域ならではの魅力や独自性を発信することで、課題解決に向けたメッセージとしていく取組み。

大井川鐡道の無人駅8駅を舞台として、8名の島田ゆかりのアーティストが絵画、陶芸、彫刻、インスタレーション、プロジェクションマッピングなどを通じて、地域の「記憶」、「風景」、「営み」を多彩に表現するアートプログラム。作品制作ワークショップ、鑑賞ツアー、アーティストトークなども開催。

<事業名>ART CONNECT SHIMADA「無人駅アートルネッサンス」

<実施団体>特定非営利活動法人クロスメディアしまだ

補助対象者

補助の対象となる団体は、次の全てに該当する団体とします。

(1)市内に活動の拠点を置き、事業の企画、運営その他活動の全てを自ら行うことができること。

(2)市の文化・芸術の振興に寄与することを目的としていること。

(3)活動の全てが特定の個人又は団体の利益を目的としていないこと。

(4)団体の運営に関する書類等を公開できること。

(5)5人以上の者で組織していること。

(6)加入及び脱退が自由であること。

(7)営利又は慈善を目的としていないこと。

(8)政治的又は宗教的活動を目的としていないこと。

(9)公の秩序又は善良の風俗に反しない団体であること。

補助の対象となる事業

補助の対象となる事業は、市内で行われる音楽、美術、演劇、舞踊、映像、ファッション、文芸、生活文化(食、地域の祭り、風習等人々の生活に根ざして形成された文化的事象をいう。)、伝統芸能等の活動であって、次に掲げる要件を全て満たす事業とします。

(1)市内の潜在的な地域資源を取り込んだもので、文化・芸術と地域産業、観光、教育等様々な分野が提携し、新たな視点、発想を取り入れた独創性に富んだ事業

(2)障害者、高齢者、子ども、外国人等市内外のあらゆる人々が参加し、及び交流できる機会を創出する事業

(3)文化・芸術を地域的又は社会的課題への対応に生かしたもので、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会終了後も継続が期待される事業

補助金の額、補助を受けられる回数

(1)補助金の額

補助金の額は、市の予算の範囲内で補助対象経費(国、県等から補助金等の交付を受けている場合にあっては、補助対象経費の額から当該補助金等の額を控除した額)の2分の1以内の額とし、50万円を限度とします。

補助金上限額

補助事業数(予定)

50万円

2件

注)申請できるのは、1団体につき、1事業までです。

(2)補助の回数

1団体1年度につき1回までとします。

補助金の交付申請

補助金の交付を受けようとする団体は、以下の申請期間内に、次に掲げる書類を市へ提出してください。

概算払を受けない場合

概算払を受ける場合

補助金交付申請書(様式第1号(ワード:39KB)

補助金交付申請書(様式第2号(ワード:32KB)

事業計画書(様式第3号(ワード:41KB)

事業計画書(様式第3号(ワード:41KB)

収支予算書(様式第4号(ワード:42KB)

収支予算書(様式第4号(ワード:42KB)
事業の概要が分かるもの 事業の概要が分かるもの
補助対象経費に係る見積書の写し 補助対象経費に係る見積書の写し
上記のほか、市が必要と認める書類 資金状況調べ(様式第12号(ワード:47KB)
  上記のほか、市が必要と認める書類

補助金の申請期間・提出方法

平成29年6月1日(木曜日)から7月5日(水曜日)まで【消印有効】

注)申請書類の提出方法は、持参もしくは郵送とします。

申請書類の提出先・問い合わせ先

〒427-0042

島田市中央町5番の1プラザおおるり1F

島田市教育委員会文化課文化振興係「島田市文化プログラム支援事業費補助金」担当

電話0547(36)7966(直通)

※土日祝日を除く、午前8時30分から午後5時15分まで

その他詳細について

その他、詳細事項については、募集要項(PDF:459KB)をご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育部文化課文化振興係

島田市中央町5-1 プラザおおるり1階

電話番号:0547-36-7966

ファックス:0547-37-2500