文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > スポーツ・観光・文化 > 文化 > 文化財 > 島田市文化財保護審議会

ここから本文です。

更新日:2018年3月22日

島田市文化財保護審議会

平成29年度第2回会議開催報告(平成30年3月22日更新)

出席者の氏名等 荒井会長、又平副会長、河村委員、黒田委員、杉山委員、柿本委員、中村委員、菅委員,

中村文化課長、家田文化財係長、篠ケ谷主任学芸員、萩原主任学芸員

公開の場合の傍聴人の数  
会議の結果

1.平成29年度文化財事業実績報告について

資料1のとおり

2.平成30年度文化財事業計画について
資料2のとおり
委員から諏訪原城跡ガイダンス施設の規模及びしまだ市民遺産ツアー増田五郎右衛門について質問が出た。
荒井委員から市指定文化財河村家住宅のトタン屋根の改修を早いうちに実施しないと、下の木部まで腐ること、修理には、トタンから雨水が浸透しており、茅が腐っているため、茅の撤去が必要であることの意見が出された。

3.現地調査
文化財を地域住民とともに保存活用している事例を調査した。

(1) 黒田家住宅及び黒田家代官屋敷資料館

現在も所有者が住居としているが、一部長屋門周辺を公開している。梅の時期には、通常非公開である庭を開放し、地域コミュニティ協議会が主催となり、梅まつりを開催。開催期間中の土日には、駐車場にて地域の特産物等を販売している。大規模保存修理を必要とする場合については、市、所有者、地域住民を含めた修理委員会を立ち上げ、複数年度をかけ実施していた。

(2) 菊川市埋蔵文化財センターどきどき

給食センターの廃止に伴い、建物を改修して設立。年間入場者数は200人程度。国庫補助金使用した。

(3) 松ヶ岡(旧山崎家住宅)

掛川市指定文化財
掛川藩の御用商人の屋敷であり、明治天皇行在所となった。
所有者から取り壊しの意向が出たため、市民から保存の要望があり、市民が保存活用を担うこととして市が取得した。官民協働で保存活用に取組む「松ヶ岡プロジェクト」を実施している。地域住民による「松ヶ岡を愛する会」が定期的清掃や、庭木の手入れ、小破修理など自主的に行っていた。また、保存のための修理費用として寄付金を募っていた。

(4) 竹の丸

掛川市指定文化財
所有者であった松本家が東京に転居する際に市に寄贈した。その後市の施設として使用していたが、平成19年度から修復し、文化財としての公開活用が始まった。
竹の丸は、指定管理者制度を導入しており、入館料を徴収している。建物内の喫茶室で食べれるケーキセットを入館料込みとして販売し、ケーキセットの売上げ増に伴って、収入の増加を図っている。また、貸館も行っており、当日も書道教室や着物の講座が開かれていて、小学生や着物を着た女性の姿が見られた。
近隣は、掛川城、大日本報徳社、ステンドガラス美術館等があり、周辺一帯の道路や駐車場が、景観にも配慮された一体感をもつ整備がなされており、周辺環境を含めた文化財の保存が面的に行われていた。

提出された資料等

1.平成29年度文化財事業実績報告について 資料1pdf(PDF:507KB)

2.平成30年度文化財事業計画について 資料2pdf(PDF:123KB)

会議を所管する課の名称 島田市教育委員会 文化課
その他必要な事項  

平成29年度第2回会議開催のお知らせ(平成30年3月7日掲載)

会議の名称 平成29年度第2回島田市文化財保護審議会
開催日時 平成30年3月14日(水曜日) 10時~15時30分
開催場所 菊川市、掛川市
会議の議題

報告事項

平成29年度文化財係事業実績について

平成30年度文化財係事業計画について

調査

文化財の保存活用を調査

国重要文化財黒田家住宅、黒田家代官屋敷資料館、菊川市埋蔵文化財センター、松ヶ岡(旧山崎家住宅)、竹の丸

会議の公開または全部もしくは一部の非公開の別 非公開
会議の全部または一部の非公開の理由 一般非公開の文化財を調査するため。
公開の場合傍聴人の定員  
傍聴手続き  
会議を所管する課の名称 島田市教育委員会文化課
その他必要な事項  

第1回会議開催のお知らせ(平成29年10月16日掲載)

会議の名称 平成29年度第1回島田市文化財保護審議会
開催日時 平成29年10月8日(日曜日)午後1時00分~5時00分
開催場所

島田市博物館 別棟

会議の議題
  • 報告事項 平成29年度文化財係事業計画について
  • 現地視察 金谷医王寺薬師堂完成記念一般見学会、横岡八幡神社神楽「四方の舞」
会議の公開または全部もしくは一部の非公開の別 公開
公開の場合傍聴人の定員 3人
傍聴手続き 先着順です。会議開始時刻(午後1時00分)までに入場して下さい。定員を超える場合は入場できません。
会議を所管する課の名称 島田市教育委員会文化課
その他必要な事項 現地視察については、会場まで自己にて移動をお願いします。

 

第1回会議開催報告

出席者の氏名等

 荒井会長、又平副会長、河村委員、黒田委員、杉山委員、柿本委員、中村委員、菅委員,

中村文化課長、家田文化財係長、篠ケ谷主任学芸員、萩原主任学芸員

公開の場合の傍聴人の数 0人
会議の結果  附属機関等会議録pdf(PDF:163KB)
提出された資料等 平成29年度年間事業計画についてpdf(PDF:171KB) 指定文化財毀損状況 pdf(PDF:66KB) 文化財修繕中長期計画pdf(PDF:396KB)
会議を所管する課の名称  文化課

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育部文化課文化財係

島田市中央町5-1 プラザおおるり1階

電話番号:0547-36-7967

ファックス:0547-37-2500