文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > まちづくり > 地域振興 > 島田市地域おこし協力隊

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

島田市地域おこし協力隊

人口減少や高齢化による課題を抱える地域の活性化を目指して、総務省の「地域おこし協力隊」の制度を活用し、島田市川根地区へ隊員を派遣しています。隊員は活動地域内に居住し、地域づくりの担い手として地域おこし活動を推進しています。平成28年2月から新たに2人の隊員を委嘱し、川根地区へ派遣しました。

伊久美地区に派遣する地域おこし協力隊を募集します(平成28年4月1日掲載)

島田市伊久身地区に移住し、「おふくろの味、ふるさとの味」を後世に伝えてみませんか?

のどかな山々に囲まれ、清流伊久美川が流れる「伊久身地区」
そこは、高齢化が進み、人口の減少の大波が押し寄せ
でもそこには、昔から伝わる「おふくろの味とふるさとの味」と田舎暮らしが満喫できる「ふるさと」が残されています。
これらを後世に伝え、また農産物加工体験施設のお仕事に従事し新たな商品開発や販路開拓などの企画運営に携わっていただける」方を募集します。

  • 募集人数:1~2名
  • 活動期間:委嘱の日~平成29年3月31日(活動状況に応じて3年間までの延長あり)

募集概要は、次のファイルをご覧ください。

【伊久身地区】地域おこし協力隊募集のお知らせ(PDF:220KB)

隊員紹介(平成28年4月1日更新)

隊員

佐藤洋行(さとうひろゆき)35歳sato_profile2

  • 出身地:静岡県駿東郡清水町
  • 趣味:野球、サッカー、燻製作り
  • 抱負:大学進学から神奈川県で暮らしていましたが、この度静岡県に戻ってきました。前職のインターネットサービスのシステム開発、運営等で培った能力を活かし、川根の魅力をより大勢の人にアピールしていきます。
  • 佐藤隊員ブログ(外部サイト・別ウィンドウで開きます)

活動地域

島田市川根地区

委嘱期間

平成28年4月1日から

今年度の

活動予定

  • 移住者の視点で作る移住・定住ポータルサイトの作成
  • 空き家バンクのWebページの作成・更新
  • 移住相談会への参加、移住希望者の案内
  • 地域の行事・イベントの運営補助など地域コミュニティ活動の支援

活動拠点

NPOまちづくり川根の会

 

隊員

村松遼太郎(むらまつりょうたろう)30歳muramatsu_profile

  • 出身地:静岡県焼津市
  • 趣味:ランニング(リバティマラソンに出たことあります!)
    写真(一眼レフカメラ練習中!川根の風景たくさん撮りたいです!)
    けん玉(地元の保育園の子どもたちに教えていました!)
  • 抱負:
    引越してきてから、みなさんに色々といただいたり、お手伝いしてもらったりしています。ありがとうございます!
    ぼくも、もらってばかりでなく、地域に何か返せる人間になっていきたいです!
    ぼくは任期後も川根に住めるよう、協力隊の活動を通じて自分の仕事をつくっていきたいと思っています。
    しかし、地域の中で自分がなにをできるのか?なにが求められるのか?まだまだそれもわからない状態です。
    これから、地域のみなさんにお世話になることばかりですが、よろしくおねがいします!
  • 村松隊員ブログ(外部サイト・別ウィンドウで開きます)
    Facebook(外部サイト・別ウィンドウで開きます)
    Twitter(外部サイト・別ウィンドウで開きます)
  • その他:詳しいプロフィールなどはブログで公開しています。お仕事の依頼や、お問い合わせはこちらまで!
活動地域 島田市川根地区
委嘱期間 平成28年4月1日から

今年度の

活動予定

  • 移住者の視点で作る移住・定住ポータルサイトの作成
  • 空き家バンクの運営補助
  • 移住相談会への参加、移住希望者の案内
  • 地域の行事・イベントの運営補助など地域コミュニティ活動の支援
活動拠点 NPOまちづくり川根の会

 

活動報告

平成27年度の主な活動実績(平成28年4月1日掲載)

  • 地域行事への参加ceramic-art-fes
    • 夏祭り、秋祭りなど地域の伝統行事の参加
  • 青年団主催のイベント(BIG_NATURE、川根町駅伝)の運営の手伝い
  • 交流センターでのイベント(夏祭り、ふるさとまつり等)の手伝い
  • イベントの企画・運営
    • フォトロゲイニングNIPPON運営の手伝い
      国際陶芸フェスティバル企画・事務
  • 商品のパッケージづくり
    • かわねのごえんBodySoap

  • かわねkawaiiプロジェクト
    • KAWANE_HOT_SUMMER_WEEK企画・運営
      KAWANE_KIRAKIRA_WINTER_FESTIVALちらし作成

  • 調査事業
    • オリンピック文化プログラムに向けた文化資源調査事業

  • かわねPR
    • 移住・交流&地域おこしフェア参加

平成26年度の主な活動実績

  • 地域行事への参加かわねのごえん
    夏祭り、秋祭りなど地域の伝統行事の参加
  • 青年団主催のイベント(BIG_NATURE、川根町駅伝)の運営の手伝い
  • 交流センターでのイベント(夏祭り、ふるさとまつり等)の手伝い
  • 川根町PR活動
    東名高速道路海老名SA内でのPR活動
    川根地域情報紙の製作(いいね!かわね)
  • イベントの企画・運営
    フォトロゲイニングNIPPONかわねの塩づくり体験
    国際陶芸フェスティバル実行委員会
  • 商品のパッケージづくり
    かわねのごえん、ブルーベリージャム、はちみつ、お茶等
  • かわねkawaiiプロジェクト
    ごえんかいの開催、かわねkawaiiカタログの製作等

平成25年度の主な活動実績

  • 地域行事への参加
    夏祭り、秋祭りなど地域の伝統行事の参加
  • 青年団主催のイベント(BIG_NATURE、川根町駅伝)の運営の手伝い
  • 川根町PR活動
    東名高速道路海老名SA内でのPR活動
    川根地域情報紙の製作(いいね!かわね)
  • イベントの企画・運営kyouryoku02
    フォトロゲイニングNIPPON
    第2回国際陶芸フェスティバル

活動の成果

川根地域のPR活動として新東名高速道路海老名SA内で、給茶サービスや地元の景品があたるくじ引きを行いました。多くの方に川根地域をPRすることができ、自然豊かな川根地域への関心が高まったと考えています。また、約7ヶ月間をかけて地域情報紙として「いいね!かわね」を製作しました。地元の方が地域の良いところを紹介するという新しい視点で川根の町を紹介した情報誌で、再版しなければならないほど多くの皆さんに行き渡っています。

国際陶芸フェスティバルでは企画段階から関わり、「ささま食堂」、「縁側カフェ」、「空き家での展示」、「笹間神楽と陶芸のコラボレーション」など、地元住民を巻き込んだイベントをフェスティバルの中に組み込み、地元参加型のフェスティバルの開催が達成できました。

川根温泉のお湯からできる塩を「かわねのごえん」として販売。「オヤジノウエン」という新たなブランドを作り、パッケージをデザインしました。また、塩作りの過程でできる川根地区の新たなグリーツーリズムとして塩づくり体験が加わることになった。

「かわいい」をコンセプトに新たな地域ブランド「かわねkawaiiプロジェクト」を実施した。川根地区外の出身女性で認定委員会を結成、地区内の人、モノ、自然などを認定、パンフレットを製作。また、川根地区の様々な問題を自由に話し合う場として「ごえん会」を開催しました。

平成28年度の主な活動について(平成28年4月1日更新)

  • 島田市の移住・定住に関する情報発信を強化するため、移住関連の情報を集約したポータルサイトを作成します。
  • ポータルサイト作成の一環として、島田市内の不動産物件の情報をワンストップで検索することができるよう、民間不動産業者と連携して島田市全域の空き家バンクを立ち上げます。
  • 地域の行事やイベントの運営に携わり、コミュニティ活動を支援します。

お知らせ

平成26年度「ふるさと寄附金」の申し出について

地域おこし協力隊派遣事業に対して「ふるさと寄附金」の申し出がありました。

寄附者は市内中央町に在住する増田充俊さんです。

平成26年8月14日(木曜日)に増田さんが市役所に来庁され、「地域おこし協力隊派遣事業」に活用してほしいと、100万円を寄附されました。

染谷市長との面会の中で、増田さんは、「以前、FM島田に協力隊員が出演していて、協力隊の存在を知った。その後、道川隊員のブログを拝見し、生まれ故郷でない地域で、地域振興に活躍されていることに感銘を受け、立派な方だと感じている。私も島田市出身ではないが、島田市が大好きです。その島田市の発展のために尽力されている方を応援したいと思い寄附しました。」とお話されました。

これに対し、染谷市長は、「地域おこし協力隊は川根地域情報誌”いいねかわね”の編集をはじめ、国際陶芸フェスティバル、地域のイベントなど、川根地域の活性化に幅広く取り組んでいます。いただいた御寄付は地域おこし協力隊の活動に活用させていただきます。」とお礼を申し上げ、お礼状と記念品を手渡しました。

市では、増田さんからいただいた貴重な御寄附を有効かつ適切に活用させていただきます。ありがとうございました。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域生活部地域づくり課地域振興担当

島田市中央町1-1

電話番号:0547-36-7197

ファックス:0547-36-7815