文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > まちづくり > 交通 > 社会資本整備総合交付金事業事後評価委員会

ここから本文です。

更新日:2015年4月21日

社会資本整備総合交付金事業事後評価委員会

会議開催のお知らせ

会議の名称 社会資本整備総合交付金事業 事後評価委員会
開催日時 平成27年2月24日(火曜日)午後1時30分から
開催場所 島田市役所 本庁4階 第3委員会室(南側)
会議の議題 事業評価について
会議の公開または全部もしくは一部の非公開の別 公開
会議の全部または一部の非公開の理由  
公開の場合傍聴人の定員 5人
傍聴手続き

会議開始予定時刻 午後1時30分までに会場に入場してください。

傍聴は先着順です。

定員を超える場合は、入場できません。

会議を所管する課の名称 都市基盤部 建設課
その他必要な事項 なし

 

会議開催報告

平成27年2月24日(火曜日)に第2回評価委員会を開催しました。
出席者の氏名等 出席者名簿(PDF:25KB)(別ウインドウで開きます)
公開の場合の傍聴人の数 0人
会議の結果 評価に関する意見
  • 事業が計画通りに効率性を確保して実施されていることが確認された。
  • 事業実施前に見込まれていた成果目標が概ね達成されていること、また評価方法が妥当であることが確認された。

 

【指標1 生活道路に流入する交通量について】

  • 当初は横岡新田牛尾線・二軒屋牛尾線・色尾大柳線の3路線を対象として、H21年度からの交通量の減少割合を確認する予定であったが、色尾大柳線については事業未完了のため評価対象外とし、残りの2路線を対象に交通量を確認した。
  • H21年度の交通量(2,068台)から62%の台数(1,280台)が減少し、目標は達成された。

 

【指標2 東海道本線の跨線橋の耐震補強整備率について】

  • 評価対象の4橋全てについて整備完了し、目標が達成された。

 

事業実施結果および成果目標の達成状況を踏まえて、代表的な意見として以下の意見をいただいた。

  • 指標1について、事業未完了により評価対象路線を3路線ではなく2路線として評価したことは妥当な評価方法である。ただし、事業が完了しなかった経緯等に関するコメント等をする必要がある。
  • 事業未完了の路線については、交通流動調査等の既存調査の結果を活用しながら今後も継続的に評価を実施すると良い。
  • 今後、別の事業において事後評価を実施する際には、住民の満足度を把握するためのアンケート調査等を実施し、住民の声を評価対象とするような方法を検討していくと良い。
提出された資料等

配布資料(すべて別ウインドウで開きます)

会議を所管する課の名称 建設課
その他必要な事項 なし

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市基盤部建設課道路係

島田市中央町1-1

電話番号:0547-36-7182

ファックス:0547-36-7514