文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > 施策・計画 > 島田市廃棄物減量等推進協議会

ここから本文です。

更新日:2018年7月18日

島田市廃棄物減量等推進協議会

平成30年度第1回島田市廃棄物減量等推進協議会開催報告(平成30年7月18日掲載)

出席者の氏名等

草野委員(会長)、田中委員(副会長)、井出委員、臼井委員、小澤委員、河村委員、佐野委員、杉本委員、杉山委員、鈴木委員、髙戸委員、長島委員、藤田委員、牧野委員、望月委員、森山委員

(市)杉村地域生活部長

(事務局)橋本環境課長、大庭衛生係長、杉山主査

公開の場合の傍聴人の数 0人
会議の結果
  • 開会後、委嘱状交付、部長挨拶を経て、各委員の自己紹介を行う。
  • 会長、副会長の選出:今回16名の委員の内、9名が新たに参加頂いたため、会長にはこれまでの経緯を理解している草野委員(前会長)を、副会長には、新しい委員の中から田中委員を事務局が推薦。当該2名を含め、全員一致で承認された。
  • (議事1)島田市のごみ処理における現状と課題:島田市のごみ排出量を平成18年度から前年度までの推移から見ると、ここ2年で減少傾向にあるが、近隣7市で比較すると島田市が1番ごみ排出量が多いこと、リサイクル率も停滞(特に燃えるごみに混入され易い雑紙に言及)しているなど、ごみ減量と資源化に一層取り組まなければならないことを説明。委員からは、組回覧のチラシなど、ごみカレンダー以外にも積極的に普及啓発をすべきであるとの意見があった。男性委員からは、ごみ出しをする主婦層に向けた啓発の必要性を訴える声があったが、ライフスタイルの変化(主婦層だけがごみ出しをするという考え方が変化している。)に伴い、男性、女性に限定せず、効果的な啓発を考えるべきとの意見もあった。島田市の焼却炉(ガス化溶融炉)が変更されてから、分別の意識が薄れていったのではないか、他市に比べ、収集回数、集積場の密度など島田市は、ごみを出し易い環境にあることも、ごみの分別に対する意識を希薄にさせている原因ではないか等、他市に比べてごみ処理体制が充実しているとの意見もあった。市民アンケートで、ごみ処理に関する満足度が80パーセントを超えていることにも言及し、ごみ減量・資源化の推進と市民サービスとどちらを優先すべきか等の議論もあった。
  • (議事2)平成30年度主な取組み施策について:ごみ減量の有効施策として生ごみ処理容器キエーロの普及(無料貸出の実施、購入補助をPR)や分別の徹底においては、雑紙の分別し易い方法(雑紙専用の紙袋推奨、くらし消費環境展にて200袋配布)を紹介。新規事業として水銀体温計・血圧計の拠点回収、継続事業として地域の自主的な資源化の推進策である古紙等資源集団回収奨励金など主要な施策を説明。委員からは、雑紙の判断が難しいといった意見を頂き、ごみカレンダーに詳細を明記しているが、市民のほとんどが読まないとの意見がある。また、地区ごとに説明会を開催するなどしなければ徹底は難しいといった意見もあった。
  • ごみ減量と資源化に関する提言書について:来年度が島田市一般廃棄物処理基本計画の見直し時期に当たるため、今回の島田市の現状と課題、市の主要施策をベースに今後活発な意見を頂き、提言書にまとめ、その提言書に沿った計画を策定したいので、次回からの会議では、具体的な施策を提言・議論していくことをお願いした。
提出された資料等
  • 島田市のごみ処理における現状と課題(議事1)
  • 近隣市との比較(平成28年度データ)(議事1)
  • 燃えるごみの組成調査の結果(議事1)
  • キエーロの無料貸出を継続していきます!(議事2)
  • 雑紙も資源です!(議事2)
  • ペットボトルの出し方が変わりました!(議事2)
  • 水銀体温計・水銀血圧計拠点回収スタートします!(議事2)
  • 生ごみ処理容器等購入費補助金、古紙等資源集団回収奨励金(議事2)
  • 提言書(平成27年1月島田市廃棄物減量等推進協議会)
会議を所管する課の名称 環境課

平成30年度第1回島田市廃棄物減量等推進協議会の開催(平成30年6月21日掲載)

会議の名称 平成30年度第1回島田市廃棄物減量等推進協議会
開催日時 平成30年7月5日(木曜日)13時30分より
開催場所 島田市役所会議棟大会議室
会議の議題

(議事1)島田市のごみ処理における現状と課題

(議事2)平成30年度主な取組み施策について

会議の公開または全部もしくは一部の非公開の別 公開
公開の場合傍聴人の定員 5人
傍聴手続き

会議開始時刻の13時30分までに会場に入場してください。

傍聴は、先着順です。

定員を超える場合、入場できません。

会議を所管する課の名称

環境課

お問い合わせ

地域生活部環境課衛生係

島田市阿知ケ谷864番地 旧清掃センター

電話番号:0547-35-3744

ファックス:0547-35-5258