文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > くらし・手続き > 生活環境 > ペットボトルのラベルはがしが法制化されました!

ここから本文です。

更新日:2017年6月15日

ペットボトルのラベルはがしが法制化されました!

ペットボトルのラベルはがしが、容器包装リサイクル法の品質基準として追加されました!
(平成29年6月15日掲載)

ペットボトル1これまで、ペットボトルのラベルは、はがさなくても法律上の品質基準を満たしていましたが、平成29年4月1日から、必ずペットボトルのラベルをはがしてから、地域のごみ集積場やスーパー、コンビニにある回収ボックス入れることが義務付けられました。

 

ペットボトルの出し方

  1. キャップをはずしてください。水洗い
  2. ペットボトルの中を水でちゃんと洗ってください。
  3. ラベルをはずしてください。
  4. ラベルとキャップは燃えるごみにしてください。
  5. 地域の資源ごみの集積場やスーパー、コンビニの回収ボックスへ入れてください。

地域の資源ごみの集積場だけじゃなく、スーパーやコンビニの回収ボックスに入れる時も!

ペットボトル2平成24年度のごみカレンダーから、ペットボトルのラベルをはがしていただくことを明記した結果、ペットボトルのラベルはがしは徐々に浸透していますが、今では全体の半分くらいはラベルがはがされていません!ごみの集積場ではきれいな状態でペットボトルを出してくれる地区も増えてきましたが、問題は、スーパーやコンビニに置かれた回収ボックスのペットボトルです!ほとんどがラベルやキャップが付いたままの状態で捨てられています。ごみの集積場だけでなく、スーパーやコンビニの回収ボックスに捨てる時も、ちゃんとラベルとキャップをはずしてください。

地区の資源ごみ集積場の良い例、悪い例

地区によっても、リサイクルに対する温度差があり、ごみカレンダーに記載されたように適切に資源ごみを出している地区とそうでない地区があります。

良い例

ほぼ100%ラベルとキャップが取れている状態で集積場に出されています。

良い例

 

悪い例

キャップは取られているものもありますが、ラベルはほとんどはがされていません。

悪い例

 

ペットボトルを資源ごみで出すときは、キャップを取り、中を水洗いして、ラベルをはがしてください!

平成30年度には、ラベル、キャップ「ゼロ」を目指して、みなさまのご協力をお願いします。

お問い合わせ

地域生活部環境課衛生係

島田市阿知ケ谷864番地 旧清掃センター

電話番号:0547-35-3744

ファックス:0547-35-5258