文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > スポーツ・観光・文化 > 文化 > 島田市博物館からのお知らせ

ここから本文です。

更新日:2018年7月7日

島田市博物館からのお知らせ

島田市博物館の最新情報をお知らせします。公式サイトはこちら→「島田市博物館公式サイト
※リンク先は、すべて外部サイト・別ウインドウで開きます。

新着情報(平成30年7月7日更新)

展示会

本館

特別展示室(2階)

香川元太郎城郭原画展<西日本編>

第74回企画展(島田市博物館・藤枝市郷土博物館共同展)
「島田の城と香川元太郎城郭原画展<西日本編>」

開催期間:平成30年6月16日(土曜日)~9月2日(日曜日)

日本の城郭復元イラストの第一人者である香川元太郎氏が描いた作品の原画を中心に展示

日本の「城」は築かれた時代、場所によって様々な役割を持っていました。今回の企画展では、全国各地の城の復元イラストを手がける香川元太郎の原画と共に、城郭模型の製作を手掛ける岐部博氏の城郭模型を併せて展示し、各地の城の歴史や構造、機能を一挙に紹介します。また、現在史跡整備を進めている諏訪原城の最新の調査結果を踏まえ、香川氏が製作した諏訪原城の原画を初公開します。

関連イベントのお知らせ

申込方法等詳細は博物館公式ページをご覧ください。

分館

海野光弘版画記念館

水辺

「海野光弘/水辺~悠久を奏でる~」

開催期間:平成30年6月23日(土曜日)~9月2日(日曜日)

「時」をキーワードとして、静岡県、宮城県、山形県、沖縄県などの景観を題材にした作品を中心に紹介します。
広がる波紋に揺れる水面が印象的な「波紋映」、雨季の東北を描いた「霧雨の遠野」、百合を白いシルエットで表現する大胆な構図が目を引く「ゆりの水辺」など、流れる水に誘われるように北へ、南へと歩きながら、海野光弘が追い求めた心の故郷を題材にした木版画作品をご鑑賞ください。

 

日本家屋

H30kosugi1_640

「小杉利行展/キャンバスは暮らしの中にある」

開催期間:平成30年7月7日(土曜日)~9月2日(日曜日)

油彩画家・小杉利行は1950(昭和25)年焼津市に生まれました。独学で絵を学びながら志太地区を中心に活動し、やがて時計、箪笥、ガラス瓶など古い道具等に興味を抱くようになりました。
今回の展示会では日本家屋を会場として、戸板や麻袋など古民具や廃材をキャンバスや額として活用し、制作した作品を展示します。物に出逢った瞬間のイメージを大切に留めながら、カメラや骨董収集で培った独自の視点で身近な物を題材にした作品には、作者の人柄が反映しています。、和の空間との調和もお楽しみ下さい。7月19日(木曜日)から21日(土曜日)までの期間は休止となります。)

ワークショップ・体験学習

島田市博物館では、様々なワークショップや体験学習を定期的に開催しています。


お問い合わせ

教育部文化課博物館係

島田市河原1丁目5-50

電話番号:0547-37-1000

ファックス:0547-37-8900