文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 災害時の健康・医療 > 災害時医療救護体制について

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

災害時医療救護体制について

はじめに

平常時には、「医療に対する需要」と「医療資源(医療従事者・医療設備)」の需給バランスは保たれています。しかし、大規模災害時には、そのバランスは、必ず大きく崩れてしまいます。「崩れたバランスの補正を行うこと」これが災害時の医療救護体制を考える上で重要となります。

災害時医療救護体制

大規模な災害が発生した場合、多くの人が一度に負傷し、病院や診療所が大混乱することが予想されます。
市では、このような場合、市長の指示により、地域の診療所を閉鎖し、小学校などの公共施設に「救護所」を開設することになっています。

救護所とは・・・

救護所には、医師・看護師などが出動して次のような医療活動を行います。

  1. 重症患者、中等症患者、軽症患者の振分け(トリアージ)
  2. 中等症・重症患者の応急処置と救護病院(市立島田市民病院)などへの搬送手配
  3. 軽症患者の応急処置

島田市が指定する救護所6ヵ所

  1. 島田第一中学校
  2. 保健福祉センター
  3. 六合公民館
  4. 初倉公民館
  5. 金谷小学校
  6. 川根小学校

お問い合わせ

健康福祉部健康づくり課医療総務係

島田市中河町283-1 保健福祉センターはなみずき

電話番号:0547-34-3282

ファックス:0547-34-3289