文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ここから本文です。

更新日:2014年12月1日

富士山静岡空港の概要

滑走路

設置管理者

静岡県(地方管理空港)

主な就航先

国内

新千歳・福岡・那覇・鹿児島

海外

ソウル・上海・武漢・台北

(大連)・(北京)・(広州)・(杭州)(香港)・(バンコク)・(シンガポール)・(グアム)・(ホノルル)・(釜山)

※括弧内は就航要請先

位置

島田市・牧之原市

北緯34度47分46秒、東経138度11分22秒

管理面積

約190ha

滑走路

長さ2,500m幅60m

駐車場

2,000台(無料)

開港日

平成21年6月4日

(全面開港日平成21年8月27日)

概算事業費約1,900億円

基本目標

旅客数70万人(2017年度)

便数24便/日(12往復)(2017年度)

見学者等100万人以上

 

富士山静岡空港のあゆみ

年月

できごと

昭和62年12月

空港建設予定地を榛原・島田に決定

平成3年11月

第6次空港整備計画五ヵ年計画に予定事業として組み入れ

平成5年8月

予定事業から新規事業に格上げ

平成6年6月

平成6年度政府予算へ組み入れ

12月

運輸大臣に静岡空港に係る飛行場設置許可を申請

平成8年3月

運輸省が静岡空港設置に関する公聴会を開催

7月

運輸大臣から静岡空港に係る飛行場の設置が許可される

11月

地元地権者会と補償協定を締結、用地買収開始

平成10年10月

本体盛土工事に着手建設工事で活躍した大型機械

平成13年3月

空港本体部完成法面への郷土樹種の苗木の植栽に着手

9月

臨時県議会にて住民投票条例を否決

平成14年1月

空港タウンミーティング、空港専門家委員会での検討を経て本体工事を再開

平成14年7月

空港現地に静岡空港ビジターセンター完成

平成15年3月

空港横断線(空港トンネル含む)開通

3月

第2回空港の森ルネッサンス作戦

4月

新しい需要予測の公表

8月

空港整備事業の再評価を実施した結果、対応方針を「継続」と決定し、国へ報告

12月

静岡空港運営株式会社の中核企業3社が決定

平成16年3月

第3回空港の森ルネッサンス作戦

3月

赤坂池高架橋(榛原・吉田ICルート)の開通

3月

国土交通省が静岡空港建設の継続を決定

11月

中部地方整備局長に、土地収用法に基づく事業認定を申請

平成17年7月

中部地方整備局長が、土地収用法に基づく事業認定を告示

平成18年1月

愛称が「富士山静岡空港」に決まる

2月

空港運営会社「富士山静岡空港株式会社」が設立される

平成19年3月

用地取得完了

7月

全日本空輸(ANA)が「新千歳」「那覇」に1日1便の就航を表明

8月

アシアナ航空が、「ソウル(仁川)」に1日1便の就航を表明

10月

日本航空(JAL)が「新千歳」に1日1便、「福岡」に1日3便の就航を表明

12月

富士山静岡空港株式会社が旅客ターミナルビル建築工事に着手

平成20年3月

富士山静岡空港のシンボルマークとロゴタイプ決定(14日)

4月

全日本空輸(ANA)が札幌及び沖縄線の運航計画を発表(22日)

6月

アシアナ航空が、ソウル(仁川)に1日1便の運航計画を発表(27日)

7月

フジドリームエアラインズが(FDA)が「小松」「熊本」「鹿児島」の就航路線、事業計画等を発表(25日)

8月

空港用化学消防車の納入式(24日)

9月

日本航空(JAL)グループが札幌及び福岡線の運航ダイヤを発表(28日)

10月

静岡空港管理事務所が開所(1日)

19月

富士山静岡空港の暫定運用および開港延期を発表(29日)

11月

スカイ・レジャー・ジャパン&エアポートフェスタ2008in静岡の開催(8,9日)

11月

富士山静岡空港ウォーク(かなや公園―空港―島田駅)を開催(23日)

平成21年3月

富士山静岡空港開港記念ジョギングフェスティバル開催(1日)

3月

富士山静岡空港開港記念地元感謝デー開催(20日)

3月

富士山静岡空港アクセス道路開通(29日)

5月

富士山静岡空港開港記念空港県民ウォーク開催(9日)

5月

富士山静岡空港開港記念内覧会(22日~24日)

5月

富士山静岡空港開港記念祝賀会(31日)

6月

富士山静岡空港開港(4日)

7月

フジドリームエアラインズ(FDA)が「小松」「熊本」「鹿児島」線就航(23日)

8月

滑走路2,500m完全運用開始、計器着陸装置(ILS)全面稼動開始(27日)

平成22年3月

日本航空(JAL)グループが運航から撤退(31日)

4月

フジドリームエアラインズ(FDA)が札幌・福岡線の運航開始(1日)

10月

中国東方航空の上海便にて国際貨物の取扱を開始(13日)

10月

フジドリームエアラインズ(FDA)が松本便の運航開始(31日)

平成23年2月

搭乗者数100万人を達成(開港から609日目)(2日)

2月

アシアナ航空のソウル便にて国際貨物の取扱を開始(8日)

2月

西側展望広場移設工事完成(18日)

3月

東日本大震災救援輸送でフジドリームエアラインズ(FDA)が静岡―花巻間を5往復し医療団等を派遣(19日~4月1日)

3月

フジドリームエアラインズ(FDA)が小松・松本便を運休(27日)

4月

運用時間を11.5時間から13時間に延長(1日)

4月

東側展望広場オープン(28日)アクセス(PDF:516KB)

8月

フジドリームエアラインズ(FDA)が熊本便を運休(1日)

平成24年3月

西側駐機場供用開始(8日)

3月

チャイナエアラインが台北(台湾)便の運航を開始(25日)

6月

中国東方航空の上海便が武漢まで延伸(18日)

11月

1番スポットの旅客搭乗橋供用開始(4日)

平成25年2月

石雲院展望デッキ運用開始(16日)

5月

搭乗者200万人達成(18日)

平成26年4月

旅客ターミナルビルを県有化(1日)

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市長戦略部戦略推進課重点施策担当

島田市中央町1-1

電話番号:0547-36-7406

ファックス:0547-34-1425