文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 介護保険 > 前の市町村で、要介護認定を受けている方が転入したとき

ここから本文です。

更新日:2017年11月15日

前の市町村で、要介護認定を受けている方が転入したとき

 市民課窓口で転入の手続きを行った後、長寿介護課にて手続きをすることにより、前の市町村での要介護度を6か月間継続することができます。

 

 また、金谷南支所、金谷北支所、川根支所の窓口でも手続きが可能です。

手続きに必要なもの:対象の方の身分証明書(写でも可) 、手続きをする方の身分証明書

手続きの期限:転入日から14日以内

 

 島田市内の住所地特例施設(特別養護老人ホーム等)に住所を移した方は、引き続き前住地の介護保険被保険者証が有効となります。島田市からの介護保険被保険者証の交付はありません。

【住所地特例対象施設】 

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、有料老人ホーム、軽費老人ホーム、

サービス付き高齢者向け住宅、養護老人ホーム

                                                             (平成29年11月15日更新)

 

お問い合わせ

健康福祉部長寿介護課保険給付係

島田市中河町283-1 保健福祉センターはなみずき

電話番号:0547-34-3287

ファックス:0547-34-3289