文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 介護保険 > 介護保険の手続き

ここから本文です。

更新日:2016年3月22日

介護保険の手続き

介護サービスなどの利用について(平成27年11月26日更新)

  • デイサービス(通所介護)・ヘルプサービス(訪問介護)以外の介護サービス(例えば、訪問入浴、訪問看護、通所リハビリテーション、短期入所、福祉用具レンタル、福祉用具購入、住宅改修等)を利用するためには、まず要支援・要介護認定の申請をする必要があります。
  • デイサービス・ヘルプサービスのご利用を希望される方は、こちらの新総合事業のページをご覧下さい。(別ページで開きます。)

要支援・要介護認定についての相談や申請は、下記の場所にお気軽にお問い合わせください。
(平成27年11月26日更新)

  • 長寿介護課(保健福祉センターはなみずき2階)地図(別ページで開きます。)
  • 金谷南支所(金谷南地域総合課市民サービス係)、金谷北支所(金谷北地域総合課市民サービス係)、
  • 川根支所(川根地域総合課市民サービス係)
  • お住まいの地区の高齢者あんしんセンター(別ページで開きます。)

申請から認定までの流れ(平成28年3月22日更新)

申請から認定まで約1か月ほどかかりますが、サービスは申請日にさかのぼって利用することができます。

申請する

 

申請は、ご本人やご家族などのほか、居宅介護支援事業所や介護保険事業所などに依頼できます。
・申請に必要なもの…介護保険被保険者証(65歳以上の方)
申請書ダウンロード
→40~64歳の方の申請については、「40歳~64歳の方(第2号被保険者)の申請について」のページをご覧ください。

 

事業所の方はこちらをご覧ください。↓

島田市要介護認定手続きについて(ワード:41KB)

平成11年9月17日全国介護保険課長会議資料(PDF:292KB)

要介護認定更新に係る通知等の受取手続きについて(ワード:24KB)

訪問調査 市の調査員がご自宅などに伺い、心身の状況について、聞き取り調査を行います。調査日は、申請時に調整いたします。
←主治医意見書 市が直接主治医から、心身の状況について意見書を取り寄せます。
一次判定 訪問調査の結果と主治医意見書をもとに、全国共通のソフトで一次判定を行います。
   
介護認定審査会 訪問調査の結果・主治医意見書・一次判定をもとに、どのくらいの介護が必要かなどを、保健、医療、福祉の専門家が審査します。
   
非該当 該当    
  • 要介護度と有効期限が設定されます。
チェックリストで該当となった場合、新総合事業(リンク:別ページで開きます。)が利用できます。

要支援1
要支援2

要支援の認定を受けた方は、高齢者あんしんセンターへ相談してください。

→予防給付歩く
  要介護1
要介護2
要介護3
要介護4
要介護5
介護給付お風呂

要介護認定に疑問や不服がある場合は、長寿介護課までご相談ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部長寿介護課認定指導係

島田市中河町283-1 保健福祉センターはなみずき

電話番号:0547-34-3294

ファックス:0547-34-3289