文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ここから本文です。

更新日:2017年9月8日

学校概要

 

校舎1

正面玄関

体育館

体育館

沿革

わが校は、静岡県中部に位置する島田市の市立島田市民病院に隣接する市立看護専門学校です。現在の実習病院となっている市立島田市民病院は、従来から地域の拠点病院となっていましたが昭和54年、市街地からこの地に移転し、その後も人口増による患者数の増加や最新医療への対応などにより病院の増改築も段階的に行われました。それに伴い、看護師不足も深刻化していきました。しかし、看護師養成所も県内では限られており、人材の確保も大変厳しいものがありました。このため、養成所建設に向け島田市が設置者となり、看護師の安定的な確保のため平成元年4月に開校しました。これまでの卒業生は、900人以上となり市立島田市民病院をはじめ県内外の医療機関に就職し活躍しています。

校訓

思いやりの基本は共感であり看護は具体的な表現である。

基本理念

  1. 豊かな人間性の育成を目指す。
  2. 専門職として発展した看護を実践するための基礎的を育成する。
  3. 広く社会に貢献できる看護師を育成する。

教育目的

豊かな人間性を養い、科学的思考を基盤とした看護の実践力と保健・医療・福祉全般にわたる広い視野を備え、広く社会に貢献し得る能力を養う。

教育目標

  1. 生命の尊厳と人格の理念に基づき、感性豊かで倫理に基づいた行動ができる能力を養う。
  2. 人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として、幅広く理解する能力を養う。
  3. 人間の健康や障害の状況に応じた看護を科学的に実践するための基礎的能力を養う。
  4. 保健・医療・福祉を総合的に理解し、人々が地域社会でその人らしく生活できるように調整・教育する能力を養う。
  5. 変動する社会に目を向け、看護の向上をめざした研究的態度を養う。

自己点検・自己評価(平成29年9月8日掲載)

教育活動やその他の運営情況について点検・評価を行なうことにより本校の強みと改善点を明らかにし、教育の質向上や健全な学校運営等を目指して組織的・継続的に取り組むことを目的に、毎年度、自己点検・自己評価を行なっています。

平成28年度学校に関する自己点検・自己評価結果と今後の改善策(PDF:93KB(PDF:93KB)

面積・構造

  • 敷地・・・・・44,471.04平方メートル(内、テニスコート820,0平方メートル)
  • 建物・・・・・校舎751.52平方メートル・体育館896.76平方メートル
  • 構造・・・・・校舎(鉄筋コンクリート造3階建)・体育館(鉄骨造平屋建)

交通アクセス

  • JR・・・・東海道本線「島田駅」北口:下車徒歩30分
  • バス・・島田駅北口バス乗場〔3番〕
  • しずてつジャストラインの場合=「金谷島田病院腺」又は「島田静波線」行:「市民病院」(終点)下車徒歩3分
  • 島田市コミュニティバスの場合=「大津腺」:「市民病院北」下車徒歩3分
  • 車・・・・国道1号野田インターより、1分。ただし、駐車場は、ありません。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

看護専門学校教務課庶務係

島田市野田1065番地の1

電話番号:0547-37-0987

ファックス:0547-37-0994