文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

医王寺

大谷内竜五郎幸重は彰義隊の9番隊長を努め神道無念流の達人であった。明治3年、開墾方として牧之原に移住した。大谷内を追ってきた斉藤・上野の遺族は、親の仇とばかり果たし状をつきつけた。大谷内は自分の命令で殺害したのではないが、隊長として全ての責任を負って、医王寺の本堂にて切腹、2人の遺族の手に命を任せた。

明治三年十二月二一日の夜。行年三十七才。

辞世・むら雲に月はかくれてありしかど今日はれて行く死出の山みち

医王寺医王寺

交通アクセス

東名高速道路「吉田IC」から車で10分

所在地

島田市岡田

お問い合わせ

産業観光部観光課観光交流係

島田市中央町1-1

電話番号:0547-36-7163

ファックス:0547-37-8200