文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > 市のしくみ・財政 > 監査 > 監査制度概要

ここから本文です。

更新日:2013年3月29日

監査制度概要

監査等の種類

定期監査

市の財務に関する事務の執行及び経営に係る事業の管理について監査するもので、毎会計年度、期日を定めて実施することが定められています。

随時監査

市の財務に関する事務の執行及び経営に係る事業の管理についての監査は、定期監査とは別に、監査委員が必要と認めたときにはいつでも実施することができます。

財政援助団体等監査

監査委員は、市が、補助金、交付金などの財政的援助を与えている団体、市が出資している団体の出納その他の事務を監査することができます。

決算審査

決算書及び付属書類等の計数を確認するとともに、予算の執行及び事業の経営が適正かつ効率的であるか、また、財政運営が適切に行われているか、計数分析、経営分析を行い審査します。

例月現金出納検査

市の現金出納事務が適正に行われているか、計数の確認、現金残高の確認をするほか、試査により、会計帳票等の検査を実施します。

住民監査請求による監査

市長、委員会等の執行機関や職員による財務会計上の行為について、違法または不当な公金の支出、財産の管理を怠るなどの事実があると認められるときは、市民が監査委員に対して監査を求め、必要な措置を講ずることを請求することができる制度です。

財政健全化判断比率等の審査

健全化判断比率及び資金不足比率が前年度決算に基づいて適正に算出されているか、計数分析、比率作成過程分析を行い審査します。

その他の監査

上記のほか、直接請求による事務監査、議会の要求監査、市長の要求監査などがあります。

 

お問い合わせ

監査委員事務局  

島田市中央町1-1

電話番号:0547-36-7207

ファックス:0547-37-8200