文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > くらし・手続き > 防災 > 防災訓練 > 地域防災訓練に参加しよう!

ここから本文です。

更新日:2017年11月21日

地域防災訓練に参加しよう!

  1. 1944年12月7日に発生した東南海地震によって、県内で295人の犠牲者が出たことに因んで、地域防災力を高める機会にしようと、12月の第一日曜日を「地域防災の日」として定められました。
  2. 今年の「地域防災の日」は12月3日(日曜日)です。(平成29年10月18日掲載)
  3. 南海トラフ巨大地震や東海地震など予想される大規模災害からご自身やご家族の命を守るためには、地震に備えて普段から十分な準備をしておくことが大切です。積極的に地域防災訓練に参加しましょう。

実施日(平成29年11月21日更新)

平成29年12月3日(日曜日)を中心に実施。
自主防災会ごとに訓練実施日が異なりますので、各地区の回覧などで確認してください。
自主防災訓練計画一覧表(エクセル:172KB)

開始時間(平成29年10月18日掲載)

午前9時に同報無線を使用してサイレンを吹鳴します。(12月3日のみ)

想定

午前9時に南海トラフ(駿河トラフ)を震源域とする大規模地震が突然発生し、市内は震度6弱以上となったことを想定します。

内容

  1. 各自主防災会を中心に、避難所となる学校や、地域住民、消防団、小・中・高校生が協働して、訓練を実施します。ひとつの避難所に集まり、いくつかの自主防災会が協働で行う訓練を実施する組織もあります。
  2. 地区の「防災まち歩き」で、危険箇所や一時集合場所、避難経路、防災施設の場所等を確認して回ることも効果的な訓練です。
  3. 市が主催する訓練として、関係機関、関係団体の協力を得て、おおるりで本部運営訓練を行います。(平成29年10月18日掲載)

重点目標

  1. 市民の防災に関する意識の高揚と知識向上
  2. 自助・共助による地域防災体制の確立
  3. 国・県・関係機関等と市による連携強化
  4. 地域の特性を踏まえた訓練

緊急速報メールについて(平成29年10月18日更新)

訓練実施に合せて市から緊急速報メールの配信訓練を実施します。配信日時は12月3日(日曜日)午前9時頃 内容/件名【訓練】緊急速報メール(避難勧告)

※マナーモードでも携帯電話などが鳴る場合があります。不都合のある方は、事前に電源を切ってください。

※携帯電話などの設定により、受信できない場合があります。携帯電話販売店などへお問い合わせください。

訓練の中止について(平成29年10月18日掲載)

  1. 市主催の訓練の場合、県下に東海地震に関する情報が発表された場合、島田市に震度4以上の地震が発生した場合は訓練を中止、島田市に気象警報の発表があった場合、その他訓練の実施が適当でないと判断された場合は訓練を中止するか、訓練内容を変更します。中止する場合、訓練開始のサイレン吹鳴や、緊急速報メールの配信は中止します。
  2. 市主催の訓練を中止する場合でも、各自主防災会の訓練の実施は、各自主防災会が決めることになりますので、各自主防災会の連絡系統に基づいて確認してください。

お問い合わせ

危機管理部危機管理課危機対策担当

島田市中央町5-1 プラザおおるり2階

電話番号:0547-36-7143

ファックス:0547-35-6000