文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > くらし・手続き > 防災 > 災害対策 > 風水害 > 洪水ハザードマップ

ここから本文です。

更新日:2018年9月11日

洪水ハザードマップ

島田市洪水ハザードマップ

「島田市洪水ハザードマップ」は、島田市内を流れる河川が大雨によって増水し、はん濫した場合の浸水予想結果に基づいて、想定される浸水の範囲と深さ、避難場所や避難時の危険箇所を示した地図です。この洪水ハザードマップを参考にして、普段からいざというときに備えて、あなたの家の避難場所・避難経路・家族の連絡先・非常時の持ち出し品などについて話し合い、「わが家の防災メモ」欄に書き込んでわかりやすい場所や見やすい場所に保管してください。

河川と大雨の規模は、島田市内を流れる大井川、大津谷川(支川伊太谷川、尾川含む)、大代川、湯日川、栃山川(支川東光寺谷川含む)を対象にしています。
流域が大きい大井川本川においては流域全体で2日間に約550mmの大雨を対象にしています(概ね100年に1回発生する確率)。
流域の比較的小さい大津谷川、栃山川、湯日川、大代川などは1時間に約90mmの降雨を対象にしています(概ね30年~50年に1回発生する確率)。

また、平成28年に、大井川における想定し得る最大規模の降雨による洪水浸水想定区域が国土交通省により公表されました。大井川流域全体で2日間に787mmの大雨を対象にしています(概ね1000年に1回発生する確率)。

災害について関心を持ち、いざというときに落ち着いて行動できるよう、日頃から災害に際しての正しい心構えを身につけておくことが大切です。

※平成30年8月17日の更新は、市道東町御請線、県道34号線(主要地方道島田吉田線)、はばたき橋(初倉中河~焼津市相川)を追加したものです。浸水想定区域の変更や元となっている地図の更新はありません。(平成30年9月11日追記)

国土交通省中部地方整備局(平成30年7月23日掲載)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理部危機管理課危機対策担当

島田市中央町5-1 プラザおおるり2階

電話番号:0547-36-7143

ファックス:0547-35-6000