文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ここから本文です。

更新日:2015年12月28日

子育て相談FAQ

家庭児童相談室へのご相談

子どものことで、悩みをお持ちのお父さんやお母さんは、たくさんいらっしゃると思います。
相談室はどの子も等しく健康で明るく育つことを願い、もし問題があれば、早目に気づき適切な処置がされるようにと設置されています。
家族の方々に限らず、幼稚園、保育園、学校、民生児童委員の方など、どなたからの相談にも応じます。

子育てについてのFAQ(よくある質問)の一覧 

 子どもが急に学校に行きたがらず困っています

Q:今まで元気に学校へ登校していたのに、急に行きたがらず困っています。どうしたらよいでしょうか?
A:大変お困りですね。

まずはお子さんに穏やかに理由を聞いてみましょう。その上でお子さんと一緒に問題の解決策を考えることが大切です。担任の先生に学校での様子を聞き、相談してみるのもよいでしょう。むやみに休むことを叱るのは得策ではありません。ご家族の励ましを受けてもどうしても行きたがらない場合は、お子さんの心と体のバランスを回復するまでの休息時間と考えてください。長期間にわたって休みが続くようであれば、専門機関に相談してみましょう。

家庭児童相談室ではお子様が会って話をする気持ちになったら、面談や家族訪問でお話を伺います。様々な問題と原因を把握し、お子様・ご家族のお気持ちに沿って学校・各関係機関と話をしていきます。

一覧に戻る

 子どもがカードや文房具を盗んできてしまいました

Q:買ってあげた覚えのないのに急にカードや文房具が増えているので問いただしたら、スーパーから盗んできてしまったと言うんです。どうしたらよいでしょうか?

A:大変驚かれましたね。

まずは親子でスーパーに行き謝罪しましょう。子どもは親が頭を下げている姿を見て自分がやってしまった事について大変反省します。
また、どうして取ってきてしまったのか、冷静に話し合うことも必要ですね。お子さんなりの理由があるかもしれません。お子さんの気持ちを受け止めたうえで、お店にあるものを勝手に取るのはいけないことだと伝えていきます。欲しい物があったら、親に相談するなど、今後どのようにしていけばよいか見通しを教えてあげるのもよいですね。

一覧に戻る

 イライラしてつい子どもを叩いてしまいます

Q:子どもが言うことを聞かないんです。

イライラしてつい子どもを叩いてしまうんです。本当は叩きたくないのですが止まらないのです。どうしたらよいでしょうか?

A:お子さんもお母様も大変お辛かったですね。毎日の子育ては本当に大変だと思います。

どんな状況になるとお母様はイライラしてしまうのでしょうか。お一人だけで頑張る必要はありません。周りの人に上手に頼ったり、お母様自身が休息を取ることも必要かもしれませんね。また、気持ちを話すことで、イライラの原因を整理できるかもしれません。私たちと一緒に考えていきましょう。

一覧に戻る

 隣の家から子どもを怒鳴る声が聞こえて心配です

Q:隣の家から子どもを怒鳴る声が聞こえます。子どもが頻繁に外に出されて泣いているのですが、とても心配なんです。電話をするのにためらったのですが、私が話をした事が隣の人に分かってしまいませんか?

A:お知らせ下さりありがとうございました。大変ご心配されたでしょう。

心配なことや気づいたこと、知りえた事実などをできるだけ詳しく教えていただけると、適切な対応につながります。通告してくださった方の秘密は守られますし、もちろん匿名でもかまいません。たとえ、確かな証拠や確証が無くてもご相談ください。
もし、お子さんがひどい怪我を負っているなど急を要する場合は警察(110番)や消防(119)にご連絡をお願いします。

一覧に戻る

 赤ちゃんを育てる自信がありません

Q:赤ちゃんを育てる自信が無いんです。泣き声を聞くとイライラしてしまします。どうしたら良いでしょうか?

A.小さな赤ちゃんの育児は本当に大変ですよね。お母様は一人で子育てを頑張っていたのでしょうか。お辛かったことでしょう。

子育ては一人でするものではなくみんなでするものです。
ご家族に協力できるよう一緒に話をしていきましょう。
行政にも様々なサービスがあります。保健師、育児サポーター、病院、地域のボランティアと調整を図っていきます。
休息しながら一緒に子育てをしていきましょう。

一覧に戻る

 夫から暴言を吐かれたり殴られたりします

Q:夫から「お前は無能だ」と暴言を吐かれたり、ささいな事で殴られたりするのです。

とても辛いのですが、子どもが小さいので離婚は考えられません。

A:大変お辛いですね、お怪我は無いですか?

あなたはかけがえのない存在です。ご自身のことを大切に思ってください。
ご主人の行動はDVにあたります。
お子さんの前で暴力を振るう事はお子様への虐待にもあたります。
お母様が元気で笑顔で生活する事がお子さんにとって幸せになります。
どうしたら良いのか一緒に考えていきましょう。

一覧に戻る

 

お問い合わせ

こども未来部子育て応援課こども相談室(こども相談係)

島田市中央町1-1

電話番号:0547-36-7253

ファックス:0547-36-8006