文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

国保Q&A

よくある質問をまとめました。

Q1:就職した(国保以外の保険へ加入)場合、手続きは必要ですか?

A1:就職して他の健康保険に加入しても、自動的に国民健康保険の資格は喪失しません。国民健康保険からの脱退の手続きを14日以内に行ってください。

 

詳しくは「国民健康保険からの脱退手続き」をご覧ください。

 

Q2:会社を退職した(国保以外の保険を脱退した)場合、手続きは必要ですか?

A2:国民健康保険への加入手続きを14日以内に行ってください。

 

詳しくは「国民健康保険への加入手続き」をご覧ください。

 

Q3:結婚(離婚)した場合、手続きは必要ですか?

A3:国民健康保険に加入している人が結婚(離婚)により、名字や住所が変更になる場合、手続きが必要です。国民健康保険被保険者証(保険証)をお持ちのうえ、届け出をお願いします。

 

Q4:子供を出産した場合の手続きはどうすればいいですか?

A4:お子様が国民健康保険へ加入する場合は、出生届を出される際にお申し出ください。また、国民健康保険に加入している人が出産した場合、出産育児一時金が支給されます。

 

詳しくは「出産育児一時金」をご覧ください。

 

Q5:国民健康保険の加入者が亡くなった場合の手続きはどうすればいいですか?

A5:死亡届を出される際に国民健康保険被保険者証(保険証)をお持ちください。また、葬儀を行った人に葬祭費が支給されますので、手続きをお願いします。

 

詳しくは「葬祭費」をご覧ください。

 

Q6:国民健康保険被保険者証(保険証)を紛失しました。手続きを教えてください。

A6:申請により国民健康保険被保険者証(保険証)を再交付します。国保年金課国保年金係または金谷南・金谷北・川根支所の地域総合課地域総合係で手続きをお願いします。

 

詳しくは「国民健康保険被保険者証(保険証)について」をご覧ください。

 

Q7:修学のために転出した場合、島田市の保険証をもつことはできませんか?

A7:申請により、引き続き島田市の国民健康保険に加入することができます。ただし、保険証を発行できない場合もありますので、国保年金課国保年金係へご相談ください。

 

詳しくは「修学のために転出する場合」をご覧ください。

 

Q8:70歳になりましたが、手続きは必要ですか?

A8:誕生日の翌月から、高齢受給者証により、窓口負担が2割(平成26年3月31日までは1割)または3割になります。手続きは特にありませんが、誕生月に説明会を行い、高齢受給者証を交付しています。なお、説明会の開催は事前に案内しています。

 

詳しくは「高齢受給者制度」をご覧ください。

 

お問い合わせ

健康福祉部国保年金課国保年金係

島田市中央町1-1

電話番号:0547-36-7151

ファックス:0547-33-0361