文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険からの脱退手続き

ここから本文です。

更新日:2014年10月1日

国民健康保険からの脱退手続き

現在国保に加入している人が、職場の健康保険などに加入した場合は、国保の脱退手続をしなければなりません。

以下の場合は、国民健康保険からの脱退手続きが必要です。

 

脱退手続きが必要な場合と手続きに必要なもの

こんなとき

手続きに必要なもの

職場の健康保険に入ったとき(※1)

印鑑、国民健康保険被保険者証(保険証)

健康保険に加入したという証明書(※2)

高齢受給者証(※3)

健康保険の被扶養者になったとき

印鑑、国民健康保険被保険者証(保険証)

健康保険の被扶養者になったという証明書(※2)

高齢受給者証(※3)

転出するとき

印鑑、国民健康保険被保険者証(保険証)、高齢受給者証(※3)

死亡したとき

印鑑、国民健康保険被保険者証(保険証)、高齢受給者証(※3)

生活保護を受け始めたとき

印鑑、国民健康保険被保険者証(保険証)、高齢受給者証(※3)

※1 一時的に社会保険に加入していた場合も手続きが必要です。

※2 各証明書は、「加入連絡票」や「取得証明書」などの名称のものです。各証明書は、勤めている事業所から発行されます。市役所では発行いたしませんので、ご注意ください。また、既に健康保険証(カード型のものなど)が交付されている場合は、各証明書の代わりとして提示することができます。

※3 高齢受給者証は該当する人(70歳~74歳の人)のみお持ちください。

※4 代理人(別世帯の人)が手続きする場合は、委任状が必要になります。

⇒委任状のダウンロードはこちら(申請書ダウンロードページへ)

 

75歳になり、後期高齢者医療制度へ移行する場合は手続不要です。

 

国保の脱退の手続きを行わずにいると、保険税が課税され、保険税を納めすぎるなどの不利益が生じる場合があります。

また、他の健康保険に加入していながら、国保の保険証で受診してしまうと、国保で負担した医療費をあとで返していただくことになります。

国保への届け出は、必ず14日以内にお願いします!

お問い合わせ

健康福祉部国保年金課国保年金係

島田市中央町1-1

電話番号:0547-36-7151

ファックス:0547-33-0361