文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険(国保)からの脱退手続き

ここから本文です。

更新日:2014年10月1日

国民健康保険(国保)からの脱退手続き

現在国保に加入している人が、職場の健康保険などに加入した場合は、国保の脱退手続をしなければなりません。

以下の場合は、国保からの脱退手続きが必要です。

 

脱退手続きが必要な場合と手続きに必要なもの

こんなとき

手続きに必要なもの

職場の健康保険に入ったとき(※1)

  • 印鑑
  • 国民健康保険被保険者証(保険証)
  • 健康保険に加入したという証明書、または新しいお勤め先の健康保険証(カード型のものなど)(※1)
  • 高齢受給者証(※2)
  • 世帯主、及び国保を脱退する人のマイナンバーのわかるもの(※3)

健康保険の被扶養者になったとき

  • 印鑑
  • 国民健康保険被保険者証(保険証)
  • 健康保険の被扶養者になったという証明書、または新しく扶養となった健康保険証(カード型のものなど)(※1)
  • 高齢受給者証(※2)
  • 世帯主、及び国保を脱退する人のマイナンバーのわかるもの(※3)

転出するとき

(まずは市民課に届出をしてください。

詳しくはこちら

  • 印鑑
  • 国民健康保険被保険者証(保険証)
  • 高齢受給者証(※2)

死亡したとき

(まずは市民課に届出をしてください。

詳しくはこちら

  • 印鑑
  • 国民健康保険被保険者証(保険証)
  • 高齢受給者証(※2)

学生用の保険証を持っている人が修業し、他市町の国保に加入するとき(※4)

  • 印鑑
  • 学生用の国民健康保険被保険者証(保険証)
  • 窓口に来る人の、官公庁から発行された顔写真付き身分証明書 (免許証、マイナンバーカード、パスポート、住民基本台帳カードなど)

 

 

※ 一時的に社会保険に加入していた場合も手続きが必要です。

 

※ 各手続きは、新しい社会保険に加入した日以降、お手続きが可能となります。事前の届け出は受付出来ません。

※ 75歳になり、後期高齢者医療制度へ移行する場合は手続き不要です。

※ 代理人(別世帯の人)が手続きする場合は、委任状が必要になります。

⇒委任状のダウンロードはこちら(申請書ダウンロードページへ)

 

※1 各証明書は、「健康保険加入連絡票」や「資格取得証明書」などの名称のものです。各証明書は、勤めている事業所から発行されます。市役所では発行いたしませんので、ご注意ください。

 

※2 高齢受給者証は前期高齢者に該当する人(70歳~74歳の人)のみお持ちください。

 

※3 マイナンバーカード、マイナンバー通知カード、マイナンバーが記載されている住民票など(マイナンバーカード以外のものを持ってきた場合は、身元確認として顔写真付きの身分証明書などを併せて提示していただく必要があります。)

 

※4 この手続きに島田市の世帯に住んでいる人以外が来る場合(既に転出した本人が手続きに来る場合など)は委任状が必要です。

 

国保年金課からのお願い

国保の脱退の手続きを行わずにいると、保険税が課税され続け、保険税を納めすぎるなどの不利益が生じる場合があります。

また、他の健康保険に加入していながら、国保の保険証で医療機関を受診してしまうと、後日、その際に国保で負担した分の医療費をお返ししていただかなくてはなりません

国保脱退の届け出は、必ず14日以内にお願いします!

お問い合わせ

健康福祉部国保年金課国保年金係

島田市中央町1-1

電話番号:0547-36-7151

ファックス:0547-33-0361