文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > まちづくり > 広域連携 > しずおか中部連携中枢都市圏

ここから本文です。

更新日:2018年4月18日

しずおか中部連携中枢都市圏

しずおか中部連携中枢都市圏ビジョンの改定

「しずおか中部連携中枢都市圏ビジョン」を改定しました。

しずおか中部連携中枢都市圏地域課題解決事業平成29年度採択事業

しずおか中部連携中枢都市圏(静岡市・島田市・焼津市・藤枝市・牧之原市・吉田町・川根本町)の市町と大学との交流の拡大を促進することにより、大学の研究成果の還元を図り、もって都市圏の発展に寄与するため、都市圏の地域課題の解決に向けた解決策の提言や実践的な研究を、大学と市町が一体となって行います。

取組内容

しずおか中部連携中枢都市圏の形成

平成29年3月30日(木曜日)、静岡市にて静岡県中部5市2町(静岡市、島田市、焼津市、藤枝市、牧之原市、吉田町、川根本町)の首長が一堂に会し、「しずおか中部連携中枢都市圏」の形成を宣言し、連携中枢都市である静岡市と各連携市町がそれぞれ連携協約を締結しました。

平成29年度から、「しずおか中部連携中枢都市圏ビジョン」に基づき、様々な連携事業に取り組んでまいります。

「連携中枢都市圏」とは?

総務省が進める新たな広域連携施策で、地方圏において一定要件を満たす都市(昼夜間人口比率が概ね1以上の指定都市・中核市)が「連携中枢都市」となって周辺市町村と連携協約(地方自治法第252条の2第1項)を締結し、共に圏域の活性化を図る制度です。

これまでの経過について

静岡県中部5市2町では、平成26年度からこの「連携中枢都市圏」の形成について検討を進めてきており、平成28年度において3回開催された「中部5市2町首長会議」と、民間の委員により構成される「しずおか中部連携中枢都市圏ビジョン懇談会」(2回開催)を経て形成に至ったものです。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市長戦略部戦略推進課広域連携・病院支援室

島田市中央町1-1

電話番号:0547-36-7366

ファックス:0547-34-1425