文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > まちづくり > 上水道 > 水道事業 > 鉛製給水管について

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

鉛製給水管について

鉛製給水管は、安価で施工性がよいことから、以前は配水管から宅地(メーター)までの給水管に使用されていました。しかし漏水防止等のために島田市では現在使用を禁止しております。

体への影響は?

厚生労働省は、平成16年4月1日より連続的に飲用しても害のない水質基準を0.01mg/lに改め基準の強化を行いました。島田市では鉛に係る水道水の水質検査をおこない基準以下であることを確認しました。ただし長期間留守にしたあとなどの飲用はバケツ一杯程度流し、捨て水をしてからご使用ください。

今後の対応は?

  • 公道内について

水道本管の布設替を行う際に鉛製給水管についても布設替しております。

  • 宅地内について

給水管はお客様が所有している個人の財産になりますので、取替工事はお客様の負担となります。そのまま使用しても健康に影響はありませんが、家屋の建替えなどを行う際は鉛製給水管の取替工事を行うことをお勧めします。

お問い合わせ

都市基盤部水道課工務係

島田市稲荷1-8-1 稲荷浄水場

電話番号:0547-35-2107

ファックス:0547-37-8004