文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > まちづくり > 都市計画 > 区画整理 > 往還下地区土地区画整理事業(組合施行)

ここから本文です。

更新日:2016年2月10日

往還下地区土地区画整理事業(組合施行)

この事業は、都市計画道路を主軸とする街路網・水路・公園等の公共施設の整備を行うことにより金谷往還下地区の良好な市街地の形成を図ると共に、金谷地区の計画的な土地利用の促進を目的としています。

施行地区の概要

金谷往還下地区は、JR東海道本線金谷駅の南東約1.5kmに位置し、大井川鐵道新金谷駅に近接しています。金谷地区の中心市街地に至近距離にありながら各種公共施設の未整備により市街化の進行が遅れた地区でしたが、事業完了後は当地区を縦横断する都市計画道路2路線が「新東名高速道路」「富士山静岡空港」等のアクセス道路となることから物流等の要所となることが期待されています。

施行地区の区域

  • 島田市大字金谷河原字道上、字往還下の各々一部、字八軒屋町、字八軒家町の各々全部
  • 島田市大字金谷字道上、字往還下の各々一部、字八軒家町の全部

往還下写真

往還下地区

計画の概要

公共施設(街路、都市下水路、公園等)を整備することにより、地区の土地利用の増進を図るとともに、工業系地域は新規企業の誘致及び住工混在地区からの既存工場の移転先とし、また、都市計画法に基づく「往還下地区計画」の施行により良好な市街地を形成する。

計画の概要(平成28年2月10日更新)

項目

内容

事業の名称

島田都市計画事業・往還下土地区画整理事業

施行者の名称

往還下土地区画整理組合

施行地面積

41.0ha

施行期間

平成8年度~平成28年度

都市計画決定

平成7年9月1日決定、平成7年9月12日(告示)、「施行区域の決定」

組合設立認可

平成9年3月5日設立、平成9年3月11日(告示)

事業費

総事業費66億1,600万円

基本事業費28億6,500万円

都市再生事業費7億3,000万円

地方特定道路A事業費1億2,700万円

地方特定道路B事業費3,000万円

保留地処分金17億1,100万円

公共施設管理者負担金2億1,400万円

市助成金9億3,000万円

その他900万円

権利者

380人(うち借地権者1人)

減歩率

公共減歩17.54%、保留地減歩9.91%

計27.45%

用途地域等

第一種住居地域14.2ha

準工業地域0.6ha

工業地域18.6ha

工業専用地域7.6ha

 

公共施設整備計画

公共施設整備計画(平成28年2月10日)

項目

内容

幹線道路

都市計画道路2路線、幅員16m、延長1,601m

区画道路

幅員8m、延長1,323m

幅員6m、延長5,198m

幅員4m、延長81m

特殊道路

幅員4m、延長36m

幅員1m、延長14m

公園

2箇所17,050平方メートル

緑地

3,051平方メートル

都市下水路

延長2,246m

水路

353m

事業の経過

事業の経過(平成28年2月10日更新)

年度

内容

昭和58年度

往還下地区の土地区画整理事業の話が持ち上がる

昭和60年度

金谷町が基本調査を実施

平成2年度

往還下地区の土地区画整理事業調査実施

平成7年度

往還下土地区画整理事業の都市計画決定

平成8年度

金谷町往還下土地区画整理組合の設立

事業計画(当初)

平成12年度

第1回事業計画の変更及び実施計画(当初)

第一次仮換地指定

平成13年度

本工事に着手

平成14年度

第二次仮換地指定

平成15年度

第2回事業計画の変更及び第1回実施計画の変更

平成19年度

第3回事業計画の変更及び第2回実施計画の変更

平成24年度

第4回事業計画の変更及び第3回実施計画の変更

平成26年度

第5回事業計画の変更及び定款の変更

換地計画の認可

平成27年度 換地処分

 

お問い合わせ

都市基盤部市街地整備課区画整理組合支援係

島田市金谷代官町3400番地

電話番号:0547-46-5624

ファックス:0547-46-5301