文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > まちづくり > 土地 > 住居表示 > 島田地区の住所の表示について(住居表示・町の新設)

ここから本文です。

更新日:2017年10月30日

島田地区の住所の表示について(住居表示・町の新設)

 

(平成29年10月19日更新)

島田地区においては、住所が「島田市○○○○番地」と表示され、『どこの町かわからない。』『正式な書類に誤って通称の町名を入れてしまう。』などの問題がありました。

 

そこで、「住居表示事業」と「町の新設事業」等の実施により、住所のあらわし方を改善してきました。

住居表示とは

町の新設事業とは

土地区画整理事業とは

住居表示・町の新設・区画整理による住所の表示方法 一覧表(島田地区)(PDF:105KB)

 住居表示とは(平成29年10月30日更新)

住居表示に関する法律に基づき、以下の地区では、(町名)と(街区符号)と(住居番号)により、建物の住所を表示しています。住所から建物を探しやすくするのが目的です。

街区符号・・・道路や河川等によって区画した区域を街区といい、街区につけられた番号を街区符号といいます。

住居番号・・・街区内にある建物につけられる住居表示のための番号です。街区の外周に一定間隔でふられた番号をもとに設定します。

例)島田市横井四丁目(町名)1番(街区符号)◎◎号(住居番号)

住居表示地区では、土地の地番と住所は一致しません(住居表示地区以外では、土地の地番をそのまま住所に使用します。)。

住居表示地区

実施日 町名
昭和45年7月10日 横井一丁目、横井二丁目、横井三丁目、横井四丁目
昭和48年4月1日 南一丁目、南二丁目、宝来町、旭一丁目、旭二丁目、旭三丁目
昭和50年6月1日 河原一丁目、河原二丁目
昭和52年6月1日 中央町(16番、20番以降)
昭和54年6月1日 向谷二丁目、稲荷一丁目、稲荷二丁目、稲荷三丁目、稲荷四丁目

昭和57年11月1日

道悦一丁目、道悦二丁目、道悦三丁目、道悦四丁目、道悦五丁目、高島町

住居表示地区に建物等を建てた場合の住居番号設定届出について (平成29年10月30日更新)

上記の住居表示地区内で建物を新築・建替した場合は、「住居番号設定届」が必要となります。この届出をしないと建物の住所が決まらないため、その建物への転入・転居の手続きができません。ご注意ください。

届出を受付後、現地確認等を行い住居番号を設定します(「住居番号設定通知書」と「住居番号表示板」をお送りします。)。設定には、通常2週間程度必要です。

既に住居番号が設定されている建物であっても、建替により住居番号が変わることがありますので必ず届出をしてください。

届出できる人

所有者、管理者、占有者

届出時期

住居表示地区に建物を建築したとき(早めに住居番号が必要になる場合はご相談ください。)

届出に必要なもの

受付窓口

市民課(島田市役所本庁舎1階)

住居表示証明書(住所の変更証明書)

住居表示実施前の住所と、実施後の住所の変更証明書は、市役所1階市民課にて無料で発行しております。

注)本人又は同一世帯員以外の申請は委任状が必要になります。

住居表示地区の住所から土地の地番を検索したい場合 (平成29年10月30日更新)

住居表示地区の住所から土地の地番を検索したい場合は、下記対照表を参考にしてください。

注)住居表示実施前の住所の番地(実施以後に建築された建物の場合、住居表示設定時点の土地の代表地番)を掲載しているため、現在の土地の地番と一致しない場合があります。

 町の新設事業とは (平成29年10月30日更新)

地方自治法第260条により通称町名を正式な町名として、土地の地番の前に町名を表示して住所としました。土地の地番・住所の番地に変更はありません。

例)島田市○○○○番地 → 島田市中溝町○○○○番地

町の新設事業地区

年度 実施日 町名
平成13年度 平成14年2月12日 向谷一丁目、向谷三丁目、向谷四丁目、向谷元町
平成14年度 平成14年9月24日 三ッ合町
平成15年2月10日 本通一丁目・大井町の一部、向島町、宮川町、若松町、中溝町
平成15年度 平成16年2月9日 大津通・新田町・新町通・本通五丁目・本通六丁目の一部、本通七丁目、祇園町、高砂町、御仮屋町
平成16年度 平成17年2月14日 中河町、元島田、元島田東町、松葉町、旗指、大津通・中央町の一部

 

町の新設による住所変更証明

町の新設による住所変更証明書は、市役所1階市民課で無料で発行しております。第三者の請求も可能です。

なお、郵便にて住所変更証明書を取り寄せたい場合は、封筒に住所変更証明書交付申請書と切手(定形82円)を貼った返信用封筒を同封し、市民課まで送付してください。

土地の地番リストから新町名を検索したい場合

土地の地番リストから新町名を検索したい場合は、下記対照表を参考にしてください。

 土地区画整理事業とは (平成29年10月30日更新)

土地区画整理事業による換地処分により、土地の地番の変更と町名の表示が行われました。これに伴い、住所も変更後の土地と同じ番地になり、町名が表示されるようになりました。

例)島田市○○○○番地 → 島田市中央町△番の△

※住居表示地区とは異なり、換地後の土地の地番がそのまま住所になります。

実施日 町名
昭和52年3月2日 中溝四丁目の一部、中央町(1番~15番、17番~19番)
昭和59年6月23日 中溝四丁目・大井町・本通一丁目・本通二丁目・本通三丁目・幸町の一部、扇町
昭和61年1月18日 本通一丁目・本通二丁目・本通三丁目・栄町の一部、日之出町
平成21年11月17日 幸町・本通三丁目・栄町・大津通・新田町・本通五丁目・本通六丁目・新町通の一部、柳町、本通四丁目、大川町

事業の実施前・実施後の住所の対照は、下記対照表をご覧ください。

※平成21年11月17日実施分のみ掲載しています。これ以前に実施した分について調べたい場合は、市民課までお問い合わせください。

新旧対照表(PDF:415KB)

旧新対照表(PDF:415KB)

区画整理による「住所変更証明書」の発行は、前項の町の新設による住所変更証明と同じ手続きとなります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域生活部市民課窓口・記録担当

島田市中央町1-1

電話番号:0547-36-7194

ファックス:0547-33-0361