文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ここから本文です。

更新日:2016年2月22日

住所変更の届出

【届出する場所】

島田市役所市民課、金谷南支所・金谷北支所・川根支所の地域総合課の窓口
平日午前8時30分から午後5時15分まで
※平日の窓口延長時間帯(午後5時15分から午後7時まで)及び土、日、祝日及び年末年始(12月29日から1月3日まで)は受付していません。お気をつけください。

【届出できる人】(平成28年2月22日更新)

  • 本人
  • 転入、転居の場合は、新しい住所の同一世帯の親族
  • 転出の場合は、元の住所の同一世帯の親族

それ以外の方が届出する場合は委任状(PDF:89KB)が必要です。

親族以外の方で、同一世帯に同居を希望される方は同意書(PDF:52KB)が必要です。
なお、届出書を持参された方の本人確認を行っています。ご協力をお願いします。

市外から島田へ(転入)(平成28年2月22日更新)

届出期間

島田市へ引越しされてから、14日以内に手続きが必要です。
※新しい住所に住む前に、あらかじめ手続きをすることはできません。

必要なもの

  1. 転出証明書※注1
  2. 認印
  3. 本人確認書類(窓口で提示していただきます。)
  4. 通知カード、又は個人番号カード※注2
  5. 母子手帳(中学生以下の子供がいる世帯)
  6. 住民基本台帳カード(お持ちの方)※注2
  7. 外国人の方については、在留カード、又は特別永住者証明書
注意

注1:

個人番号カード、又は住民基本台帳カードをお持ちの方は、転出証明書が発行されませんが、手続きがありますので、元の住所地で転出届をした上で、カードをお持ちください。

 

注2:

個人番号カード、又は住民基本台帳カードを継続して利用する場合、手続きに暗証番号の入力が必要となります。世帯員のカードを預かってくる場合は、暗証番号(住民基本台帳用、数字4桁)を確認した上でお持ち下さい。

また、個人番号カードに署名用電子証明をつけている場合、又は住民基本台帳カードに電子証明をつけている場合は、住所が変わることにより、証明書が自動で失効します。改めて電子証明の申請を希望する場合は、ご本人による手続きが必要です。

 

注3:

国外から転入する場合は、必要なものが異なります。事前に市民課までお問合せください。

【転入に関し、よくある質問】

Q.届出と同時に新しい住民票を取得することができますか?
A.発行は可能です。

Q.届出と同時に国民健康保険証は、交付されますか?
A.国民健康保険に加入する方なら、即日に交付できます。

島田から市外へ(転出)(平成28年2月22日更新)

届出期間

転出する予定日の14日前から届出できます。事前に届出することができなかった時は、転出した日から14日以内に届出してください。


受け取った「転出証明書」は、新しい市区町村へ住み始めてから14日以内に転入市区町村に提出し、転入手続きをする必要があります。
※個人番号カード又は住民基本台帳カードをお持ちの方は、転出証明書は発行されませんが、同様に転入先の市区町村での手続きが必要です。

必要なもの

  1. 本人確認書類(窓口で提示していただきます)
  2. 認印
  3. 国民健康保険証(国民健康保険に加入している方)
  4. 印鑑登録証(印鑑登録をしている方)
  5. 個人番号カード(お持ちの方)
  6. 住民基本台帳カード(お持ちの方)
  7. 後期高齢者医療保険証(後期高齢者医療保険に加入している方)
  8. こども医療費受給者証(中学生以下の子供がいる世帯)
  9. 介護保険証(お持ちの方)
  10. 通知カード(お持ちの方)
注意

個人番号カードの交付を申請した方が、カードを受け取る前に転出した場合、個人番号カードの交付申請が無効になります。転入先で、あらためて個人番号カードの交付を申請してください。

また、個人番号カード交付申請の処理状況によっては、転出前にカード交付が可能な場合もありますので、事前に市民課までお問い合せください。

【転出に関し、よくある質問】

Q.転出届(転出証明書交付)の申請は郵便でできますか?
A.郵便での申請も可能です。
ただし、個人番号カード又は住民基本台帳カードをお持ちの方は、転出証明書が発行されませんのでご注意ください。

※転出の届出をする際、他課への届出が必要になる場合がありますので、あらかじめお電話等でご確認をお願いします。
転出届の郵送交付申請書(個人番号カード・住民基本台帳カードをお持ちの方)(PDF:80KB)
転出証明書の郵送交付申請書(個人番号カード・住民基本台帳カードをお持ちでない方)(PDF:70KB)

市内で引越し(転居)(平成28年2月22日更新)

届出期間

新しい住所に住み始めてから、14日以内に手続きをしてください。
※新しい住所に住む前に、あらかじめ手続きをすることはできません。

届出に必要なもの

  1. 本人確認書類(窓口で提示していただきます)
  2. 認印
  3. 通知カード、又は個人番号カード※注1
  4. 国民健康保険証(国民健康保険に加入している方)
  5. 住民基本台帳カード(お持ちの方)※注1
  6. 後期高齢者医療保険証(後期高齢者医療保険に加入している方)
  7. こども医療費受給者証(中学生以下の子供がいる世帯)
  8. 介護保険証(お持ちの方)
  9. 外国人の方については、在留カード、又は特別永住者証明書
注意

注1:

個人番号カード、顔写真付きの住民基本台帳カードに記載された住所を変更する場合、手続きに暗証番号の入力が必要となります。世帯員のカードを預かってくる場合は、暗証番号(住民基本台帳用、数字4桁)を確認した上でお持ち下さい。

また、個人番号カードに署名用電子証明をつけている場合、又は住民基本台帳カードに電子証明をつけている場合は、住所が変わることにより、証明書が自動で失効します。改めて電子証明の申請を希望する場合は、ご本人による手続きが必要です。

【転居に関し、よくある質問】

Q.届出と同時に新しい住民票、印鑑証明書を取得することができますか?
A.住民票の発行は可能です。
印鑑証明書は、印鑑登録カードをお持ちになれば可能です。

Q.転居届をすることで本籍を変えることができますか?
A.転居届だけでは、本籍を変更することはできません。
本籍を変更するには、転居届とは別に転籍届が必要となります。→(転籍届へ)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域生活部市民課窓口・記録担当

島田市中央町1-1

電話番号:0547-36-7194