文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

障害者控除

障害者手帳(身体・療育)の交付を受けていない65歳以上の高齢者で、身体障害者または知的障害者に準ずる方について、介護保険の要介護認定の資料をもとに特別障害者控除の対象となるかどうかを判定し、対象と認めれられる場合に、「障害者控除対象者認定証」を交付します。

障害者控除対象者認定証の内容

  • 所得税や市・県民税の申告をするときに、この認定証を提示すると本人または扶養者が、特別障害者控除(控除額:所得税40万円、市・県民税30万円、同居特別障害者の場合は所得税75万円、市・県民税53万円)を受けることができます。
  • すでに「身体障害者手帳」、「療育手帳」または「精神障害者保健福祉手帳」の交付を受けている方は、認定証の交付を受ける必要はありません。
  • 本人または扶養者が非課税の場合は、申告の必要がなく、認定証の交付を受ける必要はありません。
  • 交付された認定証は、障害者控除障害事由が存続する間は続けて使用できますので、大切に保管してください。

障害者控除対象者認定証発行の基準

身体障害者または知的障害者に準ずる方の認定は、要介護認定資料の記載情報をもとに次の認定基準によって認定されます。詳しくは、長寿介護課へお問い合わせください。

1.精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある者に準ずるもの

  • 認定調査結果及び主治医意見書の認知症高齢者の日常自立度が4.又はMであること。
  • 精神障害者保健福祉手帳に係る能力障害の状態との対比で1級に相当するものが2つ以上あること。

2.寝たきり高齢者

  • 主治医意見書及び認定調査票の障害高齢者の日常生活自立度がB~Cランクに該当し、6か月以上寝たきり状態であること。

判定基準日

控除を受ける所得のあった年の12月31日又は死亡した日です。

申請方法

認定証の発行を希望する方は、長寿介護課で申請をしてください。
→申請書の様式は、「申請書DL・障害者控除」ページから

お問い合わせ

健康福祉部長寿介護課認定指導係

島田市中河町283-1 保健福祉センターはなみずき

電話番号:0547-34-3294

ファックス:0547-34-3289