文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ここから本文です。

更新日:2015年3月2日

 

あなたも認定農業者になりませんか

認定農業者制度とは

認定農業者制度とは、やる気と能力のある農業者が、農業経営のスペシャリストを目指して、「農業経営改善計画」を作成し、その計画を市が認定する制度です。

そして、そうした農業のスペシャリストを目指す農業者を、農業者の代表や農協、その他の農業関連団体などで組織された島田市担い手育成総合支援協議会アクションサポート会議(農林課が所管)が支援します。

認定農業者のメリット

認定農業者には、次のようなメリットがあります。

農業制度資金による低利資金の融資

農業経営基盤強化資金など認定農業者向けの農業制度資金を低利で借りられます。

経営相談・研修

県などが主催する経営相談や研修を受けることができます。また、市では、認定期間5年間の中間年にフォローアップ研修(経営相談等)をしています。

農地集積等

【農地保有合理化促進事業】

静岡県農業振興公社による農地の買い入れ、認定農業者への売り渡しなどが利用できます。

ただし、静岡県農業振興公社への手数料がかかります。

農業者年金

認定農業者で青色申告者の場合は、保険料2万円のうち年齢に応じて国庫補助(政策支援)を受けることができます。ただし、60歳までに保険料納付期間が20年以上見込まれることが必要です。

がんばる認定農業者支援事業補助金

認定農業者が農業経営改善計画の目標達成のために取組む事業に対して補助金を交付します。補助対象事業は、農業用施設の整備・改良、農業用機械の購入、農地等の整備・改良などです。

補助率は、対象事業費の3/10以内で80万円限度です。

詳しくは、市役所農林課農業係までお問合せください。

認定の手続き

現状の経営状況と5年後の経営目標を数値や言葉で記載した「農業経営改善計画認定申請書」を作成し、市役所農林課へ提出します。

提出された申請書は、アクションサポート会議の委員による「認定審査会」で、市の農業基本構想との整合性や実現性等を審査し、認定されます。申請書は、パソコンでも作成できます。詳しくは、市役所農林課農業係までお問合せください。

島田市担い手育成総合支援協議会アクションサポート会議

島田市担い手育成総合支援協議会の下部組織で、市内農協営農経済センター長、志太榛原農林事務所関係課長、島田市役所農政関係課長等で構成されています。

農業基本構想

地域農業の振興に係る市の基本的な考え方を、市の農業の特性を踏まえて示したものです。目標期間は、平成24年度から33年度までの10年間です。内容としては、農業経営の目標、地域づくりの推進、農業経営の指標等が載っています。

参考

島田市の認定農業者数(平成26年4月1日現在) 380人

 

お問い合わせ

産業観光部農林課農業係

島田市中央町1-1

電話番号:0547-36-7168

ファックス:0547-37-8200