文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > スポーツ・観光・文化 > 観光 > 川根温泉メタンガス発電

ここから本文です。

更新日:2017年12月27日

川根温泉メタンガス発電

 川根温泉源泉井戸から湧出している温泉付随ガス(メタンガス)を利用して、コージェネレーシ写真ョンシステムを構築し、施設のランニングコストを軽減するとともに、温室効果ガスを削減しています。

 川根温泉からは、毎時30m3の付随ガスが湧出しており、その約86%がメタンガスです。 

 発電した電力は「川根温泉ホテル」に、回収した熱は併設の日帰り温泉「ふれあいの泉」に供給しています。

事業概要

  • 大気放散していた付随ガスを燃料としたコージェネレーションシステム(最大100kW:25kW×4)
  • 川根温泉ホテルの使用電力の約6割を賄うことができます。
  • メタンガスの大気放散をなくしたことにより、年間で約3,340t-CO2の削減効果があります。
  • 既存エネルギーの削減したことにより約543 t-CO2の削減効果があります。
  • 災害等による停電時にも電力使用が可能です。

導入

川根温泉メタンガス発電システムフロー

 川根温泉から湧出するガスは、コージェネレーション3基が24時間運転できるガス量です。

 本施設では、25kWのコージェネレーションを4基設置し、夜間の消費電力が少ない時間は、1~2台運転でガスを貯め、電力負荷の高い日中などに4台運転を行うことで、効率よい運転ができるようになっています。

 

メタンガスフロー

 その他

お問い合わせ

産業観光部観光課観光施設係

島田市中央町1-1

電話番号:0547-36-7394

ファックス:0547-37-8200