文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 生活困窮者自立支援制度とは

ここから本文です。

更新日:2016年12月2日

生活困窮者自立支援制度とは

生活に困っている、働きたいけど働けない、住むところを失いそうだ、など生活全般にわたるお困りごとの相談窓口を設置しています。
相談窓口では、相談者の状況に合わせた支援プランを作成し、他の専門機関等と連携して、自立に向けた支援を行います。

生活困窮社自立支援制度では、次の支援を行います。

1.自立相談支援事業

相談窓口で支援員が相談を受け付けます。その相談を受けて、どのような支援が必要かを相談者と一緒に考え、具体的な支援プランを作成し、自立に向けた支援を行います。

2.住居確保給付金の支給

離職などにより住居を失った方、また失うおそれの高い方には、就職に向けた活動をすることなどを条件に、一定期間、家賃相当額を支給します。

3.一時生活支援事業

住居を持たない方など不安定な住居形態にある方に、一定期間、宿泊場所や衣食を提供するとともに、退所後の生活に向けて、就労支援などの自立支援を行います。

相談窓口

島田市社会福祉協議会

お問い合わせ

健康福祉部福祉課生活福祉係

島田市中央町1-1

電話番号:0547-36-7158

ファックス:0547-37-0235