文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ここから本文です。

更新日:2017年6月30日

第1回川根地区センター運営委員会

第1回川根地区センター運営委員会の開催(平成29年6月14日掲載)

会議の名称 第1回川根地区センター運営委員会
開催日時

平成29年6月21日(水曜日)午後7時00分~9時00分(予定)

開催場所 川根地区センター1階第2会議室
会議の議題

(1)平成29年度社会教育課事業について

(2)平成28年度事業実績について

(3)平成29年度事業計画について

(4)その他

 
会議の公開または全部もしくは一部の非公開の別 公開
会議の全部または一部の非公開の理由 なし
公開の場合傍聴人の定員 3人
傍聴手続き なし
会議を所管する課の名称 社会教育課(川根地区センター)TEL53-3993
その他必要な事項 なし

第1回川根地区センター運営委員会会議録(平成29年6月30日更新)

出席者の氏名等

運営委員:登澤正実、坂本弥生、俣平久之、石原一則、岡埜谷明宏

センター:田村善彦

社会教育課:伊藤活弥

公開の場合の傍聴人の数 0人
会議の結果 【登澤会長あいさつ】

【社会教育課あいさつ】

【委嘱状交付】

岡埜谷明宏委員に委嘱状を交付した。任期:平成29年4月1日~平成30年3月31日

【議事】

1平成29年度社会教育課事業について

伊藤より社会教育課の事業について説明した。

(質疑)

  • 「しまだ初倉寺子屋事業」は、各学校が地域と連携を進めている「島田市コミュニティスクール事業」との関係は。

→初倉地区の地域資源を活用した放課後型学習支援事業であり、対象は初倉小学校の3年生で、毎週水曜日の放課後に実施し、活動拠点を初倉公民館として、小学校と社会教育課が連携を図りながら実施する。学校教育課が所管している「島田市コミュニティスクール事業」とは別のものである。寺子屋事業は、今年度、県内では3ヶ所で行われる。

2平成28年度事業実績について

田村所長より活動報告を行った。

  • 利用実績が増加した理由は、放課後児童クラブを和室を会場に昨年度から実施するようになったことが主な理由である。

(質疑)

  • 自主グループの代表者が講師ですか。

→あくまで、グループの代表者である。講師は別の人がほとんどである。

3平成29年度事業計画について

田村所長より活動計画について説明を行った。

(質疑)

  • 川根小学校では、地域との連携を推進するために「川根ラブアクション」に取り組んでいる。各学年がそれぞれテーマに沿った活動をしていくが、4年生は地域の高齢者との連携を計画している。地区センターの事業の里山ウォーキングの9月や2月の計画分に小学生が参加することは可能か。

→地元の家山を回るので、可能だと思う。今後、打合せをさせていただく。

  • 運営委員会は、以前2回、現在3回開催しているが、事務局の考えは。

→施設長会議で話題になり、各施設の状況、地域の考え等、運営委員の御意見をお聞きし、回数を設定してほしいということになった。この施設は、修繕等大きな要望も現時点ではないことから、今年度は2回でどうでしょうか。時期も2月で如何か。

→特に意見無し。次回会合は来年2月を開催予定とする。

  • 地区センターと川根文化センターチャリムのタイアップは。
→地区センターには調理室がないので、チャリムの調理室を利用して市民学級の料理教室を実施している。
提出された資料等 次第、平成28年度事業実績、平成29年度事業計画
会議を所管する課の名称

社会教育課(川根地区センター):53-3993

その他必要な事項  

 

お問い合わせ

教育部社会教育課社会教育係

島田市中央町5-1 プラザおおるり東棟2階

電話番号:0547-36-7962

ファックス:0547-37-2880