文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > 子育て・教育 > 教育 > 教育委員会 > 社会教育委員会 > 平成27年度第4回社会教育委員会開催

ここから本文です。

更新日:2015年12月1日

平成27年度第4回社会教育委員会開催

会議の名称 平成27年度第4回社会教育委員会
開催日時 平成27年11月19日(木曜日)午後7時から
開催場所 島田市役所金谷庁舎(2階)第1会議室
会議の議題

(1)テーマ「中高齢者は子どもたちにどんなことを伝えたいか」について検討

会議の公開または全部もしくは一部の非公開の別 公開
公開の場合傍聴人の定員 3名
傍聴手続き なし
会議を所管する課の名称 島田市教育委員会社会教育課

 

平成27年度第4回社会教育委員会開催報告(平成27年12月1日更新)

出席者の氏名等

社会教育委員/坂部泰男、西澤通予、園田隆之、冨澤安夫、廣瀬佳朗、田代保廣、

鈴木尚子、今村真弓

教育委員会/南條社会教育課長、伊藤社会教育係長/計10人

公開の場合の傍聴人の数 0人
会議の結果 1テーマ「中高齢者は子どもたちにどんなことを伝えたいか」について検討

伊藤から前回の協議を受けて修正した点について説明し、質疑応答を行った。

主なやり取りは以下のとおり。

P3を音読し、確認した。

写真を入れたり、戦時中を体験されたかた2名にコラムをお願いしたい。コラムについては、2名のかたに了承を得ている。

牛尾実験所の模型の製作が記載されているが、模型を使って何をするというような記述が必要ではないか。

→掲載する方向で確認する。

なお、議題の協議の前に次の研修を行った。

2島田市ペアレントサポーターの活動について

河野青少年係主査より資料を基に説明があった。

 

 

質疑応答

 

親学講座の参加率はどうか。

→全小学校の就学時健診や入学説明会を利用して実施するため、ほとんどの保護者が参加してくれます。

親学講座は出席率が100%に近いようなので、配布する親学ノートに、家庭教育講座の案内を添付したらどうか。

→検討する価値があると思います。考えてみます。

ペアレントサポーターは、女性のみか。資格や年齢制限は。

→特に限定しているわけではないが、平日の昼間が活動時間になるので、どうしても女性になります。資格も年齢制限もありません。現在は、38歳から60歳代のかたが活動しています。

アイスブレイクとは。

→緊張をほぐしたり、お互いに打ち解けたりするための簡単なゲームなどを行うことです。

つながるシートはあるか。

→(シートを基に説明。)これは、小学生版ですが、各年代用のシートがあります。

つながるシートを利用したことがあるが、自分の悩みがどこかに記載されており、とても共感できた覚えがある。

→シニア世代用もあることから、社会教育委員会で試してみますか。

提出された資料等

検討テーマに係る提言書(修正案)(PDF:536KB)

島田市ペアレントサポーターの活動について(PDF:838KB)

会議を所管する課の名称 社会教育課(46-5625)
その他必要な事項  

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育部社会教育課社会教育係

島田市中央町5-1 プラザおおるり東棟2階

電話番号:0547-36-7962

ファックス:0547-37-2880