文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > 子育て・教育 > 教育 > 教育委員会 > 社会教育委員会 > 平成26年度第8回社会教育委員会開催

ここから本文です。

更新日:2014年12月25日

平成26年度第8回社会教育委員会開催

会議の名称 平成26年度第8回社会教育委員会
開催日時 平成26年12月18日(木曜日)午後7時から
開催場所 島田市役所金谷庁舎(2階)第1会議室
会議の議題

(1)テーマ「高齢者は子どもたちに何を伝えていくか」の検討について

会議の公開または全部もしくは一部の非公開の別 公開
公開の場合傍聴人の定員 なし
傍聴手続き なし
会議を所管する課の名称 島田市教育委員会社会教育課

 

平成26年度第8回社会教育委員会開催報告

出席者の氏名等 社会教育委員:坂部泰男、西澤通予、園田隆之、内山一郎、登澤正実、冨澤安夫、鈴木尚子、廣瀬佳朗、谷坂宣江、教育委員会:社会教育課絹村計10人
公開の場合の傍聴人の数 0人
会議の結果

(報告事項)

第45回関東甲信越静社会教育委員研究大会への参加について(平成26年11月20日~21日、神奈川県鎌倉市他)※委員長から報告

(議題)

(1)テーマ「中高齢者は子どもたちにどんなことを伝えたいか」についての検討

主な意見は次のとおり

  1. 今、伝えないと消えてしまうもの(戦争体験)について
    原案としては概ね良いが、内容を精査し見やすくしてほしい。
  2. 継続しないと消えてしまうもの(伝統文化)について
    「伝統文化」と「地域のことを知る」ことは別物であり分けた方がよい。ただし、帯祭り、猿舞、笹間神楽など地域の祭りなどは、伝統文化と捉えて残す。
  3. 伝承方法について
    戦争体験と伝統文化を伝承する方法は、重複するところがあるが相違するところもある。伝承方法は一緒にするよりも分けた方がよい。

上記の協議に基づき、別紙のとおり原案(たたき台)を作成し、次回以降、これを土台にして検討していく。

(そのほか)

平成29年度に関東甲信越静ブロック社会教育委員研究大会が静岡県で開催されるので、来年度から準備に入る予定である。

平成27年1月14日・15日に静岡県社会教育委員長会議が焼津市で開催され、当市からは委員長、事務局が参加する。

次回は、1月22日(木曜日)午後7時から第一会議室で開催する。

提出された資料等 第45回関東甲信越静社会教育研究大会神奈川大会資料、テーマ「中高齢者は子どもたちにどんなことを伝えたいか」に係る検討資料
会議を所管する課の名称 社会教育課
その他必要な事項  

 

お問い合わせ

教育部社会教育課社会教育係

島田市中央町5-1 プラザおおるり東棟2階

電話番号:0547-36-7962

ファックス:0547-37-2880