文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > くらし・手続き > 防災 > 災害対策 > 避難行動要支援者への支援

ここから本文です。

更新日:2016年7月5日

避難行動要支援者への支援

島田市要配慮者避難支援計画を策定しました(平成28年7月5日更新)

平成28年6月1日付けで「島田市要配慮者避難支援計画」を策定しました。詳細な内容については、以下のリンクをご覧下さい。

避難行動要配慮者計画(PDF:185KB)(平成28年6月1日改定)

災害時及び災害が発生するおそれのある場合の対応について

平成23年3月11日に発生した東日本大震災を受けて、平成26年4月1日に災害対策基本法が改正され、災害時又は災害が発生するおそれのある場合には同意の有無に関わらず、避難支援の実施等に必要な限度で関係者に情報提供できることとなりました。

避難行動要支援者名簿の災害時又は災害が発生するおそれのある場合の活用について

島田市は、災害対策基本法の改正に合わせて、台風などの災害時又は災害が発生するおそれのある場合の避難行動要支援者名簿の利用について、以下の3点について決定しました。

  • 情報提供するタイミングを、災害弱者が避難を開始する避難準備情報等とすること
  • 自主防災会長に情報提供し、自主防災会が電話による注意喚起及び安否確認、場合によっては避難支援を行うこと
  • 情報提供の内容は、避難行動要支援者全体の住所、氏名、電話番号、性別など必要最低限のものとすること

避難行動要支援者の対象の見直しについて

個人情報保護の観点及び自主防災会の労力も限りがあることから実効力を上げるために、併せて対象者の見直しを行いました。平成28年6月1日現在、避難行動要支援者は対象者が約3,700人、任意同意者が5,400人、合計で約9,100人が登載されています。

福祉避難所について(お願い)(平成28年7月5日更新)

平成28年4月14日発生の熊本地震では避難者が福祉避難所に殺到し、高齢者や障害者、幼児といった災害弱者が福祉避難所に避難できないという事態がありました。

島田市は介護保険施設や障害者支援施設と災害時に避難所として使用することについて協定を締結しています。

まず、福祉避難所の利用希望をする場合は、学校などの指定避難所に避難し、その旨を現地職員に伝えてください。各避難所の現地職員から災害対策本部に連絡を行います。収容すべき人の症状や医療機器などの環境が整い、施設が受入れ可能な場合にのみ福祉避難所として開設します。

福祉避難所の収容人数にも限界があること、直接避難が出来ないことについてご理解をお願いします。

 「避難行動要支援者を支援するための第一歩」冊子発行

自力での避難が不安な方がどのような支援を必要としているのか、市民に広く知っていただくことを目的に「避難行動要支援者を支援するための第一歩」を発行しました。

冊子後半部分には、付録として島田市内の様々な障害者関係団体が横断的に組織した「島田市障がい者福祉連絡会」が編集・発行している「障害者からのSOS」を掲載しています。これは、障害当事者の立場から災害発生時に支援して欲しいこと、注意が必要なことなどを具体的に取りまとめたものです。

是非ご参考にしてください。

避難行動要支援者を支援するための第一歩(PDF:7,652KB)

避難行動要支援者名簿の整備

災害時に安全な場所への避難が困難で、第三者の支援が必要な在宅の高齢者や障害のある方等を対象に「避難行動要支援者名簿」を整備しています。

ご本人の同意に基づき、自主防災会長、民生委員・児童委員等に名簿情報を提供し、平常時(高齢者の見守り活動)及び災害時の支援等(避難誘導や安否確認)に活用します。

【対象者】(平成28年7月5日更新)

  • 重度要介護者(介護保険の要介護3~5の認定者のうち居宅介護者)
  • 要支援1・2又は要介護1・2かつ介護保険の居宅でのサービス利用者
  • 身体障害者手帳1級又は2級の交付を受けている在宅の者
  • 療育手帳Aの交付を受けている在宅の者
  • 精神障害者保健福祉手帳1級の交付を受けている在宅の者
  • 難病患者のうち、総合支援法に基づく障害福祉サービスを現に受けている者
  • その他災害時の避難等に不安があり名簿への掲載を希望する者

平成27年10月1日に避難行動要支援者の対象について、個人情報保護の観点及び自主防災会についても労力に限界があることから、より実行力を上げるために見直しを行いました。

【情報提供に関する同意書の提出先】

印鑑を押印のうえ、福祉課障害者支援係、金谷北支所、金谷南支所、川根支所、または地域の民生・児童委員に提出をお願いします。

聴覚障害者災害時等情報提供事業(Fネット)

NTTコミュニケーションズ株式会社が提供するファクシミリ通信網(Fネット)を用い、市が災害時等の情報を重度の聴覚障害者に提供します。

  • 対象者:重度聴覚障害者
  • 情報内容:災害時に市が行う同報無線の内容
  • 利用料:無料

【申請・相談窓口】福祉課障害者支援係

重度身体障害者等防災対策事業費補助(平成28年7月5日更新)

大規模災害に備えるため、停電時の非常用電源を確保するため、人工呼吸器を利用している重度身体障害者等が非常用バッテリー及び発動発電機を購入する費用を助成します。

【防災用具の種目及び対象者】

種目

対象者

性能

発動発電機

人工呼吸器用外部バッテリー

 

在宅で人工呼吸器を使用している

重度身体障害者等

介護者が容易に使用し得るもの。

防災ベッド及び防災ベッドフレームについては、危機管理課所管の島田市防災ベッド等購入助成事業費補助(平成28年7月1日施行)にて対応しています。

【申請に必要なもの】

  • 身体障害者手帳
  • 病状が分かる診断書等
  • 見積書
  • カタログ

【申請・相談窓口】福祉課障害者支援係

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部福祉課障害者支援係

島田市中央町1-1

電話番号:0547-36-7154

ファックス:0547-37-0235