文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > 市のしくみ・財政 > 施策・計画 > 公共施設マネジメント > 公共施設等総合管理計画 > 公共建築物管理適正化基本方針 > 島田市公共建築物管理適正化基本方針(案)のパブリック・コメント

ここから本文です。

更新日:2016年5月12日

島田市公共建築物管理適正化基本方針(案)のパブリック・コメント

島田市公共建築物管理適正化基本方針(案)のパブリック・コメントの実施結果について

島田市では、「公共施設マネジメント」の取組の一環として、「島田市公共建築物管理適正化基本方針」を策定することとし、この案に対する御意見を募集しました。

いただいたご意見及びこれに関する市の考え方について、次のとおり公表します。

パブリック・コメント実施結果(PDF:167KB)

実施結果の公表期間

平成27年3月31日から平成27年6月30日まで

公表場所

(1)市役所企画課(本庁舎4階)
(2)市役所本庁舎1階及び金谷南・金谷北・川根の各支所に設置されている情報公開コーナー

 

なお、パブリック・コメントは以下のとおり実施しました。

公表した政策等の案

島田市公共建築物管理適正化基本方針(案)(PDF:970KB)

島田市公共建築物管理適正化基本方針(案)概要(PDF:291KB)

上記資料名をクリックすると、資料を御覧いただけます。

本案を作成した趣旨

「島田市総合計画後期基本計画」に掲げる施策の柱の一つである「公共施設の整備と適正配置」を進めるため、公共建築物に関するデータを「島田市公共施設白書」として取りまとめ、平成27年2月に公表しました。
この「島田市公共施設白書」を通して明らかとなった公共建築物の課題を整理し、今後の人口や財政に関する予測を踏まえつつ、公共建築物の適正な管理に関する基本的な方針を示すため、本案を策定するに至りました。

立案に際し整理した市の考え方について

公共建築物が一斉に老朽化することにより更新のための費用の確保が困難となると予想されることや、人口減少や少子高齢化の進展など公共建築物を取り巻く諸情勢を踏まえ、今後30年間において目指すべき方向性を次のように整理しました。
(1)総量の適正化(施設の延床面積を18%削減し、長寿命化を同時に推進)
(2)品質の適正化(長寿命化に向け、予防保全へ転換)
(3)維持管理の適正化(経常的経費の見直し)

これらを実現するため、品質・供給・財務の視点から評価を実施し、評価結果に基づき策定した推進計画に沿って全庁的な視点から公共建築物の管理を進めることとしました。

応募資格

次のいずれかに該当する人(法人その他の団体を含む)とします。
(1)市内に居住、通勤又は通学している人
(2)市内に事務所又は事業所を有する人
(3)その他本案に関し利害関係を有している人

募集期間

平成27年2月27日(金曜日)から平成27年3月28日(土曜日)まで

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

行政経営部財政課資産経営担当

島田市中央町1-1

電話番号:0547-36-7124

ファックス:0547-37-8200