文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > まちづくり > 下水道 > 島田浄化センター > 浄化センターのしくみ

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

浄化センターのしくみ

浄化センター

浄化センターでは、微生物を利用した標準活性汚泥法【ひょうじゅんかっせいおでいほう】という処理方法により、下水道管から流れてきた汚れた水をきれいな水に浄化しています。

 

管理棟 水処理棟 汚泥処理棟
管理棟 水処理棟 汚泥処理棟

どのようなしくみで汚れた水がきれいになるか見てみましょう。

浄化センターしくみ図

浄化センターしくみ図

沈砂池【ちんさち】

浄化センターに流れてきた汚水は、沈砂池に入ります。そして、汚水に含まれている大きなゴミや土砂を取り除きます。

流入ゲート【りゅうにゅうげーと】

流入ゲートから下水道管を流れてきた汚水が入ります。

流入ゲート【りゅうにゅうげーと】すいすい(流入ゲート)

 

スクリーン

まず、汚水に含まれた大きなゴミを取り出します。

スクリーン

自動除塵機【じどうじょじんき】

次に、中くらいのゴミを取り出します。

自動除塵機【じどうじょじんき】

汚水ポンプ【おすいぽんぷ】

沈砂池に貯まった汚水を、ポンプで最初沈殿池に運びます。

汚水ポンプ【おすいぽんぷ】

最初沈殿池【さいしょちんでんち】

汚水をゆっくり流し、小さなゴミや汚泥を底に沈めます。底にたまった汚泥は汚泥濃縮タンクに送って処理をします。

 

エアレーションタンク

汚水に活性汚泥(微生物の集まり)を混ぜて、空気を吹き込みます。微生物は汚物を食べて繁殖し、沈殿しやすい海綿状になります。

エアレーションタンクすいすい【エアレーションタンク】

微生物の紹介へ

最終沈殿池【さいしゅうちんでんち】

沈殿しやすい状態になった汚泥と水をここで分離させます。汚泥の一部はエアレーションタンクに活性汚泥としてもどし、余分な汚泥は汚泥濃縮タンクに送って処理をします。

最終沈殿池【さいしゅうちんでんち】

汚泥掻寄機【おでいかきよせき】

底にたまった汚泥や浮いたゴミを集めます。

汚泥掻寄機【おでいかきよせき】

塩素混和池【えんそこんわち】

最終沈砂池から出た処理水に滅菌剤を加えて、大腸菌やその他の細菌を死滅させます。

塩素混和池【えんそこんわち】

滅菌装置【めっきんそうち】

最終沈砂池から出た処理水に滅菌剤を加えて、大腸菌やその他の細菌を死滅させます。

滅菌装置【めっきんそうち】すいすい【滅菌装置】

 

放流【ほうりゅう】

きれいになった水を川に放流します。

汚泥処理【おでいしょり】

汚水に含まれていた汚泥は、汚泥処理棟で処理をします。

汚泥濃縮タンク【おでいのうしゅくたんく】

最初沈殿池や最終沈殿池から送られた汚泥を、さらに沈殿させ濃縮します。

汚泥脱水機【おでいだっすいき】

濃縮された汚泥を圧縮して水分を取り除きます。脱水された汚泥は水分80%程度の酒カス状になります。

汚泥脱水機【おでいだっすいき】

搬出【はんしゅつ】

脱水された汚泥は、トラックで搬出します。

『下水道のしくみ』トップページへ

浄化センターの概要へ

 

お問い合わせ

都市基盤部下水道課施設係

島田市南一丁目地先 島田浄化センター

電話番号:0547-35-7721

ファックス:0547-35-7410