文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > くらし・手続き > 消防 > ガソリンの取り扱いに注意しましょう!

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

ガソリンの取り扱いに注意しましょう!

ガソリンなどの危険物は、貯蔵・取り扱い方法を誤ると大惨事に繋がる恐れがあります。町内の花火大会やお祭りなど、火を扱う催し物における事故を未然に防ぐために、以下の点に注意してください。

  1. 携行缶から発電機等へ給油する際は必ずエンジンを停止して、周囲に火の気がないことをよく確認し、水平な場所で行う。
  2. 給油前には、必ず携行缶のエア調整ネジを緩め、缶内の圧力を調整してからキャップを取り外す。
  3. 保管方法、保管場所は次の事項が禁止されています。
  • ポリ容器でのガソリン貯蔵
  • 火の気がある場所での保管
  • 直射日光が当たる場所での保管
  • 温度変化の多い場所での保管

ガソリンの引火点は「マイナス40℃」と非常に低く、常温でも常に可燃性蒸気が出ている状態です。静電気スパークなどの微小な火源でも、容易に火災の発生に繋がるため、貯蔵および取り扱いは、十分に注意してください。

ガソリン携行缶

関連リンク

お問い合わせ

危機管理部危機管理課消防担当

島田市中央町5-1 プラザおおるり2階

電話番号:0547-36-7212