Accessibility
総合トップページくらし情報安全・安心防犯迷惑電話防止装置購入費補助金について
更新日:
迷惑電話防止装置購入費補助金について

迷惑電話防止装置の購入に補助が受けられます(令和元年7月1日更新)

悪質商法による消費者トラブルは年々増え続けており、その被害の多くが電話による勧誘をきっかけとしています。また、振り込め詐欺などの特殊詐欺の被害も依然として後を絶ちません。

そこで、島田市では悪質事業者や犯罪者からの被害の未然防止を図るために、迷惑電話防止装置を新たに購入する方に対して費用の一部を補助します。

補助対象機器(3種類)

補助の対象にならない場合がありますので、対象機器については、事前に必ずお問い合わせください。

(1)通話録音装置

お手持ちの電話機に取り付ける装置で、通話内容を録音します。

電話着信時に通話内容を録音することを自動で相手に伝える「事前予告機能*」がついている機種が補助金の対象です。

(*事前予告の例「この電話は振り込み詐欺などの犯罪被害防止のため、会話内容が自動録音されます」)

(2)着信拒否装置

お手持ちの電話機に取り付ける装置で、電話の着信をデータベースから自動的に判別し、悪質電話であることを通知し、または自動的に着信を拒否します。

※自分で迷惑電話番号を登録するタイプのものは補助対象になりません。

※発信番号表示サービスへの加入料が必要になります。

※その他、毎月の維持管理料が必要になります。

※加入料、維持管理料はご利用者の負担となります。

(3)通話録音装置または着信拒否装置の機能がついている固定電話機

新しく電話機を購入してください。

上記の(1)または(2)の機能が内蔵されている固定電話機、または両方の機能が内蔵されている固定電話機が補助金の対象です。

 

※機器の効果は高いですが、迷惑電話を完全に排除できるわけではありません。

※予算額には限りがありますので、補助金の交付を受けられないこともあります。

※電器店での在庫がなく、取り寄せなどでの対応になることがあります。ご注意ください。

補助を受けられる方

島田市内在住の65歳以上の方。

平成28年から30年度に迷惑電話防止装置(トビラフォン)のモニターを受けられた方のいる世帯は対象になりません。

6年間毎年1回、アンケート調査に回答していただける方。

購入した迷惑電話防止装置を6年間使用していただける方。

内容

1世帯1回1台限り、購入費のうち5,000円を上限とします。

募集台数30台

問い合わせ、申請書等配布期間

令和元年7月1日(月)~

受付期間、受付場所等

受付期間:令和元年8月1日(木)~(先着順で受付し、予算額に達し次第終了)

受付場所:生活安心課市民相談係(プラザおおるり1階)

受付時間:月曜日から金曜日まで、午前8時30分から午後5時15分まで

申請方法

商品購入前に、次の(1)~(4)のものをお持ちになり、申請してください。

(1)補助金交付申請書
補助金交付申請書(DOC 28.5KB)

(2)購入予定の機器の見積書の写し

(3)仕様がわかる書類(カタログなど)

(4)世帯全員の住民票の写し、または同意書
同意書(DOC 35.5KB)

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

よく見られているページ