文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > 市のしくみ・財政 > 広報 > もっと!まちの話だい > 10月8日(月曜日)「おせん女踊り」を奉納

ここから本文です。

更新日:2018年10月9日

10月8日(月曜日)「おせん女踊り」を奉納

おせん女踊り

旧初地区の「おせん女踊り」

江戸時代から旧初地区に伝わる「おせん女踊り」が、天王神社の秋祭りで奉納されました。
この踊りは、かつて機織りの娘「お仙」が、旅人の労をねぎらい地元のお茶でもてなした姿を表現したもの。今年は初倉小学校の女子児童13人が踊り子として参加し、色鮮やかな花笠や衣装を身にまとい、地区の各所で踊りを披露しました。踊りの前には旧初子供太鼓の和太鼓も披露され、観客は、伝統文化を引き継ぐ子どもたちの堂々とした姿に、大きな拍手を送っていました。

お問い合わせ

産業観光部観光課観光交流係

島田市中央町1-1

電話番号:0547-36-7163

ファックス:0547-37-8200