Accessibility
総合トップページくらし情報くらし・福祉福祉・介護生活福祉住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について
更新日:

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で、様々な困難に直面した方々が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯等に対して臨時特別給付金を支給します。

支給対象者

  1. 住民税非課税世帯
    基準日(令和3年12月10日)において日本国内に住民登録があり、世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯(生活保護受給世帯を含む)の世帯主
    ※住民税が課税されている人の扶養親族等(青色事業専従者及び事業専従者を含む)のみからなる世帯は対象外です。

  2. 家計急変世帯
    基準日(令和3年12月10日)及び申請日時点において日本国内に住民登録があり、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて令和3年1月以降の収入が減少し、令和3年度分の住民税均等割が課されている世帯員全員のそれぞれの年収見込額が、住民税均等割非課税水準以下である世帯の世帯主
    ※住民税が課税されている人の扶養親族等(青色事業専従者及び事業専従者を含む)のみからなる世帯は対象外です。
    ※上記「1.住民税非課税世帯」の対象となる世帯は対象外です。
    ※基準日(令和3年12月10日)の翌日以降に同一住所内で世帯分離した場合は、同一世帯とみなします。

支給額

1世帯につき10万円

手続き

住民税非課税世帯(支給対象者の1に該当する場合)

基準日(令和3年12月10日)において住民登録がある市区町村から確認書が届きます。
島田市では、支給対象となる可能性がある世帯の世帯主に「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金支給要件確認書」を2月8日に送付しました。確認書が届きましたら、支給要件に該当するかを確認し、該当する場合は、確認書に記載された回答期限までに返送してください。
※世帯の中に、令和3年1月2日以降に島田市へ転入した人がいる場合は、島田市から令和3年1月1日に住民登録があった住所地へ住民税の課税状況を照会し、給付金の支給対象となる可能性がある世帯かどうかを確認します。確認ができ次第、順次確認書を送付します。

支給要件

世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯(生活保護受給世帯を含む)で、次の1・2両方に該当する場合は、給付金の支給対象世帯となります。

  1. 世帯の全員が、住民税が課税されている人の扶養親族等(青色事業専従者及び事業専従者を含む)ではないこと。
    ※「扶養親族等」とは、税法上の控除対象配偶者、扶養控除対象者(16歳未満の者を含む)、青色事業専従者及び事業専従者を指します。
  2. 世帯の中に、住民税が課税となる所得があるのに未申告である人がいないこと。

提出書類

  1. 島田市から郵送される確認書
  2. 振込口座確認書類のコピー【確認書に印字された支給口座以外の口座へ振り込む場合】
    金融機関名・支店名・口座番号・口座名義人(カナ)がわかる通帳、キャッシュカード等
  3. 世帯主の本人確認書類のコピー【確認書に印字された支給口座以外の口座へ振り込む場合】
    マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証、年金手帳等
  4. 代理人の本人確認書類のコピー【世帯主以外の名義の口座へ振り込む場合】
  5. 世帯主と代理人の関係がわかる書類のコピー【世帯主以外の口座へ振り込む場合】※同一世帯の場合は、不要です。
    成年後見人登記制度に基づく登記事項証明書の写し等

給付金の申請者は、世帯主です。世帯主以外の人が確認・受給を行う場合は、確認書裏面の代理人欄を記入してください。(代理人の本人確認書類及び世帯主との関係がわかる書類の添付が必要です。)

提出方法

確認書に記載の回答期限までに、同封の返信用封筒で郵送又は電子申請で提出してください。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、郵送又は電子申請での提出にご協力をお願いします。

電子申請入力フォーム(外部サイト・別ウィンドウで開きます)hikazeikyuhuQR.png
※電子申請には、島田市から郵送される確認書の下部に記載されている「お問合せ番号」の入力が必要です。

家計急変世帯(支給対象者の2に該当する場合)

申請が必要です。(給付金の申請・請求者は、世帯主です。)申請日時点において住民登録がある市区町村へ申請してください。

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金のご案内(家計急変世帯)(PDF 782KB)(別ウインドウで開きます)

支給要件

次のすべてに該当する場合は、給付金の支給対象世帯となります。

  • 「住民税非課税世帯」として給付を受けた人を含む世帯ではないこと。
  • 基準日(令和3年12月10日)及び申請日時点において日本国内に住民登録があること。
  • 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて令和3年1月以降に収入が減少し、令和3年度分の住民税均等割が課されている世帯員全員のそれぞれの1年間の収入見込額が、「住民税均等割が非課税となる水準に相当する額以下」であること。
  • 住民税が課税されている人の扶養親族等(青色事業専従者及び事業専従者を含む)のみからなる世帯ではないこと。

※基準日(令和3年12月10日)の翌日以降に同一住所内で世帯分離した場合は、同一世帯とみなします。

「住民税均等割が非課税となる水準に相当する額以下」の判定方法

1年間の収入見込額(令和3年1月以降の任意の1か月の収入を12倍した額)又は所得見込額(令和3年分所得の確定申告書、住民税申告書、源泉徴収票等)で判定します。
判定に算定する収入の種類は、給与収入、事業収入、不動産収入、公的年金収入(非課税のものは除く)です。

非課税相当限度額早見表(給与収入の場合)
扶養している親族等の状況扶養している親族等の人数 収入限度額 所得限度額
0人 930,000円 380,000円
1人 1,378,000円 828,000円
2人 1,680,000円 1,108,000円
3人 2,097,000円 1,388,000円
4人 2,497,000円 1,668,000円

※非課税相当限度額は、生活保護法の保護基準に定める地域の級地区分により各自治体で異なります。
※扶養している親族等の人数は、税法上の控除対象配偶者、扶養控除対象者(16歳未満の者を含む)の合計人数です。

申請者・世帯員が障害者等に該当する場合
本人該当 給与収入限度額 所得限度額

障害者、未成年者、寡婦、
ひとり親に該当する場合

2,043,999円 1,350,000円

※給与収入が2,043,999円(所得の場合は1,350,000円)を超える場合は、上記の扶養親族等の人数に応じた限度額で判定します。
 

提出書類(令和4年2月21日更新)

  • 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(家計急変世帯分)申請書(請求書)
    申請書 (PDF 183KB)(別ウインドウで開きます)
    申請書記入要領(PDF 689KB)(別ウインドウで開きます)
  • 申請・請求者の本人確認書類のコピー
    運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(表面)、年金手帳、介護保険証、パスポートなど
  • 振込口座確認書類のコピー
    金融機関名・支店名・口座番号・口座名義人(カナ)がわかる通帳、キャッシュカード等
  • 簡易な収入(所得)見込額の申立書(家計急変者)
    申立書(PDF 229KB)(別ウインドウで開きます)
    申立書記入要領(PDF 911KB)(別ウインドウで開きます)
  • 申立書に記載した収入の状況を確認できる書類のコピー
    1年間の収入見込額で申し立てる場合・・・申立書に記載した月の給与明細等(令和3年1月以降の任意の1か月)
    1年間の所得見込額で申し立てる場合・・・令和3年分所得の確定申告書、住民税申告書、源泉徴収票等
  • 戸籍の附票の写しのコピー(令和3年1月1日以降、複数回転居している人のみ)

※その他、申請・請求者の世帯の状況等に応じて、戸籍謄本、住民票等の写し等が必要となる場合があります。

申請書類

申請書類及び返信用封筒は、島田市役所福祉課、金谷南・金谷北・川根支所、六合・初倉・金谷公民館、島田市社会福祉協議会でも配布しています。

申請期間

令和4年2月21日(月)から令和4年9月30日(金)まで(必着)

提出先

〒427-8501島田市中央町1番の1(本庁舎1階福祉課内)
島田市役所住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金受付窓口

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、郵送での提出にご協力をお願いします。

DV(ドメスティック・バイオレンス)等で住所地以外に避難中でも受給できる場合があります

配偶者等からのDV等で住所地以外に避難中の方も、一定の要件(DV保護命令や収入要件等)を満たせば、住所地の世帯が既に給付金を受け取っている場合でも、現在お住いの市区町村からご自身が給付金を受給できます。
給付金を受給するためには、現在お住まいの市区町村での手続きが必要となりますので、お住まいの市区町村へお問い合わせください。

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金のご案内(DV等で避難中の方)(PDF 874KB)(別ウインドウで開きます)

<DV等で避難中の方の臨時特別給付金に関するお問い合わせ>
子育て応援課家庭児童相談担当
電話:0547-36-7253
受付時間:午前8時30分から午後5時15分まで(土・日・祝日を除く)

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金に関するお問い合わせ

島田市役所住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金受付窓口
電話:0547-36-7677
受付時間:午前9時から午後5時まで(土・日・祝日を除く)

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金を装った詐欺等にご注意ください

給付金を装った詐欺や個人情報の搾取にご注意ください。給付金の支給にあたり、市の職員等がATMの操作をお願いしたり、手数料などの現金の振り込みを求めることは絶対にありません。不審な電話や郵便、メールなどがあった場合は、市役所や最寄りの警察署、警察相談専用電話(#9110)にご連絡ください。

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?