Accessibility
総合トップページくらし情報-記事9価子宮頸がんワクチン任意接種費用の一部助成について
更新日:

9価子宮頸がんワクチン任意接種費用の一部助成について

9価子宮頸がんワクチンの「シルガードⓇ9」は現在定期予防接種の対象ではないため、接種を希望される場合、接種費用は全額自己負担となります。子宮頸がんワクチン(2価、4価)の積極的な勧奨の再開にあわせ、9価子宮頸がんワクチンの接種を希望される方またはその保護者の経済的負担を軽減するため、接種費用を一部助成します。

対象者

子宮頸がんワクチン定期接種対象者もしくはキャッチアップ接種対象者で以下の全てに該当する方

  1. 接種時に島田市に住民登録がある方
  2. 9価子宮頸がんワクチン以外の子宮頸がんワクチン(2価、4価)の接種を一度も受けたことがない方
  3. これまでに9価子宮頸がんワクチンの費用補助を受けたことがない方

助成額

9価子宮頸がんワクチン接種1回につき、16,753円(令和4年度)、1人最大3回まで助成

※9価子宮頸がんワクチンは、1回約3万円程度の費用がかかります。(任意接種のため医療機関によって価格設定は異なります。)

※一部助成であり全額助成ではありません。(接種費用と助成額の差額は自己負担となります。)

申請方法

  1. 接種前に健康づくり課へ相談する。
    • 母子健康手帳等にて子宮頸がんワクチンの接種歴を確認します。
    • 手元に子宮頸がんワクチン定期予防接種予診票がある場合は回収します。
    • 島田市9価ヒトパピローマウイルスワクチン任意予防接種費助成金交付申請書(様式第1号)を受け取ってください。
  2. 9価子宮頸がんワクチンを実施医療機関で接種し、医療機関に接種費用を全額支払ってください。
  3. 健康づくり課へ申請をする。(下記書類を提出)

※申請は接種から1年経過する前までに行ってください。

注意事項

  1. 健康被害に対する救済措置について
    「シルガード®9」は定期予防接種ではないため、接種後副反応等で健康被害が生じた場合は予防接種健康被害救済制度の対象とはならず、医療品副作用被害救済制度の対象となりますので、ご理解の上で接種してください。
    医薬品副作用被害救済制度(独立行政法人医療品医療機器総合機構)
    予防接種健康被害救済制度について(厚生労働省)
  2. 全例登録について
    「シルガード®9」の接種は、医薬品リスク管理計画に基づき被接種者の情報を全例登録する必要があります。また医療機関においても全例登録を行う必要があり、登録のある医療機関でのみ接種が可能です。(健康カレンダー記載の医療機関でも接種不可の場合があります。)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

よく見られているページ