Accessibility
総合トップページくらし情報安全・安心緊急・災害情報新型コロナ関連情報乳幼児(6か月から4歳の方)の接種について
更新日:

乳幼児(6か月から4歳の方)の接種について

乳幼児(6か月~4歳の方)の接種について

島田市では、国の方針に基づき、生後6か月から4歳以下の方を対象に、接種を実施します。

【生後6か月から4歳のお子様の保護者の方へ】新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(PDF 1.91MB)

接種スケジュール等については、島田市コールセンターにお問い合わせいただくか、予約ページ等でご確認いただけます。

予約方法について(外部リンク)

なお、接種を希望される方は、接種券の発行申請が必要です。

申請ページはこちら(外部リンク)

接種券発行申請書(乳幼児用)(PDF 294KB)

※乳幼児に対しても接種の努力義務が適用されることとなりますが、接種は強制ではありません。接種により得られる効果と副反応のリスクの双方について、正しい知識を持っていただいた上で、保護者(親権者または後見人)の方の意思に基づいて、接種を受けるかどうか判断してください。

今回のワクチン接種の「努力義務」とは何ですか。(厚生労働省Q&A)

対象者

島田市に住民登録のある生後6か月から4歳の方

使用するワクチン

乳幼児用ファイザー

新型コロナワクチン予防接種についての説明書(乳幼児(生後6か月~4歳)接種用)(PDF 1020KB)

※オミクロン株対応ワクチンとは異なります。

※12歳以上の方向け、5~11歳の方向けのファイザー社ワクチンとは用法・用量が異なる別の種類のワクチンになります。

※5歳の誕生日の前日からは、5~11歳の方向けのファイザー社ワクチンになります。

新型コロナワクチンを受けた後の注意点(副反応の発生状況)(PDF 1.76MB)

接種回数・接種間隔

  • 合計3回
  • 1回目と2回目の間隔は通常3週間で、3回目は2回目の接種から8週間経過後に接種

留意点

※お子様のワクチン接種には、必ず保護者の同意と立ち合いが必要です。

※接種当日は母子健康手帳をご持参ください。

※原則として、新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種できません。新型コロナワクチンとその他のワクチンは、互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。ただし、インフルエンザワクチンに限り、同時接種が可能です。接種間隔についての規定もありません。

新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種することはできますか。(厚生労働省Q&A)

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?