Accessibility
更新日:

交通事故多発情報

県内の交通事故死者が100人を超えました(令和2年11月25日掲載)

県下では、人身交通事故の発生件数及び負傷者数は減少傾向にあるものの、死者数については現在100人を超え、前年度と比較し大幅に増加しています(昨年同期比17人増)。

特に11月に入り、富士市内で交通死亡事故多発警報が発令されたほか、2件の死亡ひき逃げ事故が発生し、更には高齢者の交通死亡事故も連続発生するなど、県下の交通情勢は大変厳しい状況にあります。

交通事故防止のために

歩行者・自転車の方へ

自発光式の反射材や懐中電灯は、夜間の交通事故防止に欠かせない「命綱」です。

明るく・目立って・光って、自分の命を守りましょう。

交通安全の基本は、「止まる・見る・待つ」です。

車やバイクを利用される方へ

夜間に運転する時は速度を落とし、ハイビームを効果的に活用して、歩行者等の早期発見に努めましょう。

秋・冬(9月~2月)のライトオン目安時間は16時です。「早めのライトオン」で事故を防ぎましょう。

心にゆとりをもった、思いやり運転を心がけましょう。

交通安全情報第68号(静岡県警察本部)チラシ (PDF 224KB)

交通死亡事故多発警告チラシ(PDF 216KB)

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?