Accessibility
更新日:

退職者医療制度

会社などを退職し国民健康保険に加入された方の医療費の一部を、現役時代に加入されていた被用者保険(お勤め先の健康保険)が負担する制度です。本来、国民健康保険が負担する部分を被用者保険が負担することで、間接的に加入者皆様の国保税の負担軽減が図られることとなり、また国保財政の適正な運営につながります。

対象となる人

下記の条件すべてを満たす人と、その被扶養者が該当します。

  1. 国民健康保険に加入している人(60歳から64歳まで)
  2. 被用者年金(厚生年金・共済年金等)の受給権がある人
  3. 被用者年金の加入期間が20年以上または40歳以後の加入期間が10年以上ある人

手続方法

以下のものをお持ちの上、国保年金課国民健康保険係または金谷南・金谷北・川根支所の地域総合課にて手続きをお願いします。

  • 国民健康保険被保険者証(保険証)
  • 厚生年金等の年金証書

※退職者医療制度への加入による、一部負担金の割合や国保税の変更はありません

退職者医療制度が変わります

退職者医療制度は、平成27年3月末で新規適用が廃止されました。ただし、平成27年3月末までに該当した人は、終了時(65歳になる)まで資格が適用されます。

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?