文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 組織案内
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • Foreign Language
  • 携帯サイト

ホーム > 子育て・教育 > 教育 > 社会教育 > 生涯学習 > 生涯学習推進協議会 > 第7回生涯学習推進協議会開催

ここから本文です。

更新日:2018年2月13日

第7回生涯学習推進協議会開催

第7回生涯学習推進協議会開催について(平成30年2月13日掲載)

会議の名称 第7回生涯学習推進協議会
開催日時 平成30年1月29日(月曜日)午後7時~8時40分 ※荒天のため1月21日(月)から変更
開催場所 島田市役所会議棟1階大会議室
会議の議題

1.「学びでこえる人生の目標」について

会議の公開または全部もしくは一部の非公開の別 公開
会議の全部または一部の非公開の理由  
公開の場合傍聴人の定員 なし
傍聴手続き なし
会議を所管する課の名称 社会教育課
その他必要な事項 なし

第7回生涯学習推進協議会開催報告(平成30年2月13日掲載)

出席者の氏名等

生涯学習推進協議会委員/小澤康恵、西村純一、田中清司、小池幸子、田崎郁美、長屋汪子、白坂成吾、荒浪和江、藤井隆一)

社会教育課/南條課長、伊藤課長補佐、佐野主査、宮脇主査

公開の場合の傍聴人の数 0人
会議の結果

(1)小澤会長あいさつ

(2)「学びでこえる人生の目標」について(ワーク・続)

今回も南條課長がファシリテーターを務め、人生区分各期の学習目標について、2班に分かれて協議した。
※今回実施した結果概要は下記及び別紙ワークシートのとおり。
①人生区分各期の学習目標について
【壮年期】
・壮年期は、仕事や社会貢献など、人生の集大成の時期であることから、学びで達成する人生の目標を「現実的な将来設計と向き合い、人生の頂きを目指します。」とした。
【老齢期】
・年齢幅があるため、学びで目指す3つの姿に合った一言で表す目標設定は難しい。老齢期は、加齢に伴う病気や介護の問題、家庭や地域からの孤立など様々な問題が出てくる時期で、そうした問題や経験をこれからの世代に活かすために、若い世代のうちに今やれるべきことをやっておく必要がある。
※今年度は、今回を以って終了とする。

提出された資料等

・平成29年度生涯学習推進協議会第7回会議次第

・新生涯学習大綱 構成案

・「学びでこえる人生の目標」マトリックス

・静岡市 ライフステージにおける基本的な指針の例

・美唄市生涯学習基本計画(後期)抜粋

・袋井市市民憲章実践のための生涯各期の目標

・ハヴィガーストのみる発達課題のリスト

会議を所管する課の名称 社会教育課
その他必要な事項  

お問い合わせ

教育部社会教育課社会教育係

島田市中央町5-1 プラザおおるり東棟2階

電話番号:0547-36-7962

ファックス:0547-37-2880