Accessibility
総合トップページ行政情報事業・計画政策・計画地方創生企業版ふるさと納税(法人向け)
更新日:
企業版ふるさと納税(法人向け)

企業の皆様から島田市へのふるさと納税(企業版ふるさと納税)をお願いします!

 島田市では寄附を通じて島田市の地方創生の取り組みに賛同いただける企業の皆様を募集しています。
島田市の取組に賛同いただける企業の皆様、まずは担当までご一報ください!
企業版ふるさと納税チラシ(PDF 2.04MB)(別ウィンドウで開きます)

furusatonouzei01.jpg

furusatonouzei02.jpg

企業版ふるさと納税とは?

 企業の皆様が、寄附を通じて地方公共団体の行う地方創生の取組を応援した場合に、税制上の優遇措置が受けられる仕組みです。
 社会貢献を通じて企業のPR効果も期待できます。
 内閣府地方創生推進事務局企業版ふるさと納税ポータルサイト(外部サイト、別ウィンドウで開きます)

制度の内容

 企業版ふるさと納税は、「島田市まち・ひと・しごと創生推進計画」に基づく市の取組に対して寄附を行った場合に法人関係税から税額控除を受けられるものです。
 損金算入による軽減効果(寄附額の約3割)と合わせて最大で寄附額の約9割が軽減され、実質的な企業の負担が約1割まで圧縮されます。

寄附によって受けられるメリット

furusatonozei-2.png
※企業が地方公共団体に寄附した場合は、その全額が損金算入されるため、寄附額の約3割(法人実効税率)相当額の税の軽減効果があります。

島田市の寄附金対象事業

 島田市まち・ひと・しごと創生推進計画(PDF 144KB)に記載された、次のアからエまでの事業で寄附金を活用させていただきます。
 寄附申出時にいずれかを選択していただきます。
 (島田市まち・ひと・しごと創生推進計画は第2期島田市まち・ひと・しごと創生総合戦略 (PDF 608KB)に沿ったものです)

(ア)日本で、世界で、稼ぐ産業の創出事業「しごと」

 地域固有の優位性を生かしながら、観光、農林業、商工業の各分野の産業を成長させるとともに、デジタルマーケティングを活用した効果的な情報発信を行うことで、日本で、世界で、稼ぐ産業の創出に取り組みます。
 さらに、雇用の創出・拡大や新技術の導入による「稼げるまちづくり」を進めることで地域経済を発展させます。

 【具体的な取組】

  • 富士山静岡空港周辺のまちづくり
  • ニューツーリズムや歴史・文化資源を活用した新たな観光の推進
  • デジタルマーケティング手法を活用した観光戦略プランの推進及び広域観光連携の充実・強化
  • 茶の生産基盤の強化と消費拡大
  • 地域産業の振興 等

(イ)島田市とつながり、住み、好きになる事業「ひと」

 市民と共に本市の特性を生かしたまちの魅力をつくり、その魅力を共有することで、このまちへの愛着や誇りを醸成し、島田市への想いを高め、その想いを広く発信していきます。
 また、これまでの移住・定住促進の取組に加え、特定の地域に継続的かつ多様な形で関わり、地域課題の解決や将来的な地方移住につながる「関係人口」の創出・拡大に向けた取組を推進します。

 【具体的な取組】

  • 定住化の促進
  • 関係人口の創出・拡大
  • シティプロモーションの推進
  • 多様な主体と協働・連携した地域を支える人材育成

(ウ)希望どおり結婚、妊娠、出産し、子どもをまんなかに子育てする事業「ひと」

 切れ目のない支援により働く場所が確保され、若者が希望どおり結婚し、妊娠、出産、子育てができる社会環境の実現を図るとともに、社会のあらゆる分野における全ての構成員がつながって、子どもの幸せを優先に育む地域づくり、パパ・ママが住みたくなるまちづくりに取り組みます。

 【具体的な取組】

  • 妊娠・出産に向けての支援
  • 子育て支援体制の充実
  • 個に焦点を当てた授業の推進

(エ)水と緑に囲まれた持続可能な暮らしやすいまちづくり事業「まち」

 人口減少や経済の低成長化を背景に、これまでの量的な拡大を追及してきた成長型のまちづくりからの転換を進め、成長によって得た豊かさの維持を図りつつ、人口減少時代に適応した持続可能な暮らしやすいまちづくりに取り組みます。
 また、ICTなどのデジタル技術を活用した施策展開を図り、市民生活や経済活動のステージにデジタルファーストの概念とその優位性を広め、最小の投資で最大の効果を生み出す取組を加速させていきます。

 【具体的な取組】

  • 「コンパクト・プラス・ネットワーク」のまちづくりの推進
  • デジタル変革(トランスフォーメーション)の推進
  • 健康の保持増進と食育の推進
  • 地域で支える仕組みづくり
  • 公共交通網等の充実 等

手続きの流れ

1.寄附申出書を島田市に提出してください。(郵送、持参又はメールにて提出してください。)
  寄附申出書(DOCX 18.9KB)寄附申出書(PDF 40.4KB)(別ウィンドウで開きます)

2.寄附申出書の受領を島田市から寄附者へ連絡します。
  その後、寄附金を振り込む納入通知書を島田市から送付します。

3.納入通知書で金融機関にお振り込みください。
  送付した納入通知書が利用できる金融機関は以下のとおりです。その他金融機関を利用する場合はご相談ください。

 【納入通知書が利用できる金融機関】
  静岡銀行、スルガ銀行、清水銀行、静岡中央銀行、三菱UFJ銀行、
  名古屋銀行、島田掛川信用金庫、静岡労働金庫、大井川農業協同組合

4.入金を確認後、島田市から寄附金の受領証を送付します。

5.各税申告時に受領証を添えて申告してください。

留意事項

  • 1件10万円以上の寄附が対象となります。
  • 島田市外に本社が所在する企業からの寄附が、地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)の優遇措置対象となります。(地方税法における「主たる事務所又は事業所」が島田市内にある企業は、島田市の企業版ふるさと納税の対象にはなりません。)
  • 寄附を行うことの代償として経済的な利益を受け取ることは禁止されています。(返礼品等はございません。)
  • 寄附の納入時期等については個別に相談させていただきます。
  • 企業版ふるさと納税の募集期間は令和2年度から令和6年度末までです。毎年度寄附をいただくことも可能です。
  • 寄附を行った企業について、市ホームページで紹介させていただきます。企業名や寄附額の公表を希望しない場合は、申出書の「公表の取り扱い」で「非公表」を選択してください。

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?