Accessibility
更新日:
島田市平和のつどい

現在の日本においては、戦争を知らない世代が人口の8割以上を占め、多くの尊い命を失った歴史的記憶は薄れゆく状況にあります。しかし、世界に目を向ければ今なお各地で絶え間ない戦争やテロ行為に苦しんでいる人々がいます。
こうした現状を受け止め、亡くなられたすべての人々を追悼するとともに、戦争による惨禍が再び起こることのないよう世界の恒久平和を願い「島田市平和のつどい」を開催しました。
【主催:島田市、企画・運営:島田市平和祈念事業実行委員会】

令和元年度実施事業(令和元年9月11日更新)

令和元年度平和のつどいチラシ
令和元年度島田市平和のつどいチラシ (PDF 748KB)

島田空襲被爆者慰霊のつどい

昭和20年7月26日午前8時34分、扇町に1万ポンド(約4.5トン)爆弾が投下され、多数の犠牲者と甚大な被害をもたらしました。平成3年に愛知県の市民団体が米軍の文書を調べ、扇町に投下されたこの爆弾が、米軍の原爆投下部隊が原爆投下訓練で使用した長崎型原爆の模擬爆弾(通称パンプキン)の一つであったことが判明しました。この爆弾をはじめ、市内でも戦争により多くの尊い命が失われました。
これらの歴史的事実をあらためて認識するとともに、恒久平和を願い、戦没者の御霊を慰めることを目的として、7月26日に扇町公園において島田空襲被爆者慰霊のつどいを開催しました。平和への誓いでは、島田第二小学校の代表児童2名が、慰霊碑「平和の礎」に向かい平和への思いを述べました。

  1. 日時:令和元年7月26日(金曜日)午前10時から
  2. 場所:扇町公園(島田市扇町7番の1)
  3. 内容:黙とう、献花、平和への誓い、コーラスなど
  • 平和への誓いの様子

    平和への誓い

  • 平和之礎の様子

    平和之礎

  •  

島田市平和祈念式典

戦争により亡くなられたすべての人々を追悼するとともに、戦争による惨禍が再び起こることのないよう世界の恒久平和を願い、8月15日プラザおおるりにおいて島田市平和祈念式典を開催しました。第二部のステージでは、島田工業高等学校情報技術科放送技術班の皆さんが制作したドキュメンタリー映像「模擬原爆 島田空襲の真実」を上映しました。

  1. 日時:令和元年8月15日(木曜日)午前10時15分から
  2. 場所:島田市民総合施設プラザおおるり(島田市中央町5番の1)ホール
  3. 内容
    黙とう、献花、平和都市宣言朗読(ガールスカウト静岡県第17団)、
    制作映像発表「模擬原爆 島田空襲の真実」(島田工業高等学校情報技術科放送技術班)、
    合唱(島田市少年少女合唱団)など
  • 平和都市宣言朗読の様子

    ガールスカウト静岡県第17団

  • 島田工業高校映像発表の様子

    島田工業高等学校情報技術科

  • 合唱の様子

    島田市少年少女合唱団

島田市平和祈念事業展示「届け!平和のメッセージ」

戦争の記憶と平和の尊さを語り継ぐため、戦争や平和に関する展示を開催しました。
今年度は、静岡福祉大学附属図書館及び今人舎のご協力のもと、「記憶の伝承~私の八月十五日」展を行いました。終戦の日をどこでどのように迎え、どう感じたのか。「私の八月十五日」シリーズは、漫画家の森田拳次さんやちばてつやさんをはじめ、高倉健さん、黒柳徹子さんなどの各界の著名人が参加した、戦争を語り継ぐための終戦の日の記憶集です。会場では、パネル展示のほか、「音筆(おんぴつ)」という専用の機械を使って、寄稿者本人が朗読する声を聞きながら、多くの方が平和について思いを馳せていました。

  1. 日時:令和元年8月13日(火曜日)から8月16日(金曜日)までの午前10時から午後4時まで
  2. 場所:島田市民総合施設プラザおおるり(島田市中央町5番の1)展示ホール
  3. 内容
    ・静岡福祉大学附属図書館キンダー文庫より「記憶の伝承~私の八月十五日」展
    ・島田空襲~あなたはパンプキン爆弾を知っていますか?
    ・島田市平和都市宣言
    ・戦時資料展示
    ・市内小学生の戦争や平和に関する感想文
    ・短歌「戦争と平和」(島田高等学校)など
  • 展示の様子(私の八月十五日展)

    私の八月十五日展

  • 展示の様子(パンプキン爆弾実物大模型)

    パンプキン爆弾実物大模型

  • 展示の様子(小学生の感想文)

    小学生の感想文

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?