Accessibility
更新日:
農業用施設証明

農業用施設証明とは…

自己の所有する農地(200平方メートル未満に限る。)を、自己の農作物の育成のための農業用施設に転用する場合には、農地法の許可は不要です。
ただし、農業委員会での証明が必要となり、これが農業用施設証明です。

農業用施設証明の手続きについて

  • 農業用施設として転用できる敷地面積は、200平方メートル未満に限られます。
  • さらに、農業用倉庫などの建築物を建てる場合は、建築面積が90平方メートル以内に限られます。(※都市計画区域内で倉庫などを建築する際には、建築確認申請が必要な場合がありますので、建設部建築住宅課にて確認をしてください。)
必要書類
書類 部数 備考
証明願 2部  
位置図 1部 住宅明細図等(申請箇所色塗り)
公図写 1部 法務局にて発行(申請箇所色塗り)
建物配置図 1部 公図に計画建物を記入
土地登記簿謄本 1部 法務局にて発行
農振除外証明(軽微変更) 1部 農林課にて発行
その他   土地改良区の受益地の場合、決済金の手続きが必要

農業用施設証明願の様式はこちらから

詳細については、農業委員会事務局までお問い合わせください。

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?