Accessibility
更新日:

サタデーオープンスクール活動報告(令和2年度第13回)

第13回「炭作り体験1日目(窯入れ)」(令和3年3月9日掲載)

実施日/令和2年2月20日

第13回のサタデーオープンスクールの活動では、炭にする原木の窯入れを行いました。2回にわたる炭作りの活動の1回目です。
伊久美地区に残る伝統の炭焼き窯は、四方を山に囲まれた自然いっぱいの場所にあります。炭焼き窯の周辺で、まずは炭についてのお話を聴きます。炭とはどういうものか、炭のでき方など、炭についての基礎知識を、実験を交えて簡単に学習しました。
作業は大きく分けて4つあります。まず1つ目ののこぎりで原木を窯に入れる長さに切る作業では、竹で作った定規通りに、長い原木を切り分けます。炭に適する木は堅い種類が多いため、のこぎりで切る作業はなかなか大変だったようです。2つ目の薪割り機で原木を割る作業では、大きな薪割りの機械で、炭にするには太い木をバリバリと割る体験をしました。堅そうな木が、音を立てて簡単に割れていく様子を、子どもたちは真剣に見つめていました。3つ目は窯の中を見学しました。暗くて狭い窯の中は、大人では入るのがやっとの広さでした。その中で、天井の鉄板や何度も炭焼きを重ねて硬くなった土壁を見学し、窯の原理について教わりました。
最後の作業は、いよいよ窯の中に木を詰める作業です。たくさんの木を、全員で手分けして窯に運びます。窯の中で木を受け取って講師に渡す子と、木を置く場所から窯まで列を作って木を運ぶ子に分かれ、どんどん木を詰めていきました。
午後は、炭についてのもっと深いお話を聴きました。スライドの写真を見ながら、黙って集中して聴いていました。少し難しいお話もありましたが、お話の最後にはたくさんの質問をしていました。
子どもたちが帰った後、講師の方が数日間にわたり窯に火を入れてくれました。窯出しをするのは2週間後。立派な炭が出来上がるのを楽しみにしていましょう。
 

  • 炭の基本講座
  • のこぎりの使い方
  • 木を切りそろえる
  • 薪割り機で薪割り
  • 炭焼き窯体験
  • 窯に木を詰める
  • 炭の発展講座
  • 窯を暖める
  • 煙の温度を測る

 

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?