Accessibility
更新日:

エコアクション21とは?

中小事業者などが「環境への取組を効果的・効率的に行うシステムを構築・運用・維持し、環境への関心を持って行動し、結果を取りまとめ、評価し、公表する」方法として環境省が策定したガイドラインに基づく認証・登録制度です。

エコアクション21の特徴

  • 中小事業者でも取り組みやすい環境経営システムです。
  • 二酸化炭素や廃棄物等の排出量を削減するための取り組みについてわかりやすく記載しているため、環境パフォーマンスが向上します。
  • 第三者機関の認証を受けることで社会的な信頼を得ることが出来ます。また、活動内容を外部に公表するので取引先や消費者等からの信頼性が向上します。
  • 環境経営システムの仕組みを作り、継続的に改善していくことで、環境面だけでなく、経費の削減や生産性・歩留まりの向上、目標管理の徹底等、経営面での効果も上げることが出来ます。
  • ISOに比べ認証・登録にかかる経費の負担が大幅に軽くなっています。

エコアクション21の取り組み方

持続可能な社会を構築するためには、あらゆる組織が積極的に環境への取り組みを行うことが必要です。事業者は製品・サービスを含むすべての事業活動の中に、省エネルギー、省資源、廃棄物削減等の取り組みを行うことが求められています。
エコアクション21は、すべての事業者が環境への取り組みを効果的、効率的に行うことを目的に、環境に取り組む仕組みを作り、取り組みを行い、それらを継続的に改善し、その結果を社会に公表するための方法について、環境省が策定したガイドラインです。エコアクション21ガイドラインに基づき、以下の流れで取り組みます。

  1. 環境負荷(エネルギー使用量、ごみ排出量など)を把握し、把握した環境負荷の削減のための目標などを立てる(Plan)
  2. 1で立てた目標を達成するための取り組みをする(Do)
  3. 2で行った取り組みの結果を取りまとめて評価(Check)し、次の改善につなげる(Action)
  4. 1~3の取り組みを「環境活動レポート」にまとめる

以後、このPDCAのサイクルを繰り返すことにより継続的改善を図っていきます。

エコアクション21取得セミナー日程

エコアクション21取得セミナーのご案内のページをご覧下さい。

エコアクション21についてもっと詳しく知りたい方は

エコアクション21中央事務局のホームページ(http://www.ea21.jp)をご覧下さい。

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?