Accessibility
総合トップページくらし情報ライフイベント健診・検診予防接種の受け方風しん追加的対策に係る抗体検査、予防接種について
更新日:

風しん追加的対策に係る抗体検査、予防接種について

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を対象にした風しん抗体検査・予防接種が行われます。

風しん追加的対策について

風しんに係る公的な予防接種が開始されたのは昭和52年ですが、女子中学生を対象に行われてきたことから、接種機会の与えられなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を中心に、風しんの抗体を持たない方が一定数存在しています。

このような状況に鑑み、国は昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を風しんに係る定期接種の対象とし、公的な接種を1回受ける機会を設けることを決定しました。

風しん追加的対策の実施方法について

※内容について、現時点で未定の部分があるため、詳細が決定次第、随時お知らせいたします。

  1. 2019年度は昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性に対して、市から受診券を送付します。※昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性については、2020年以降に受診券を送付いたしますが、希望者は2019年度にお渡しすることも可能です。
  2. 医療機関、健診等で抗体検査を受ける。
  3. 風しん抗体価が低い方は、公費で風しんの予防接種を受けることができます。(風しん抗体価が高い方は、対象外です。)

期間は2019年から2022年までの3年間です。

風しんの追加的対策について(厚生労働省)

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?