Accessibility
総合トップページくらし情報ライフイベント健診・検診予防接種の受け方風しんの追加的対策(風しん抗体検査・風しんの第5期の定期接種)について
総合トップページよくあるご質問くらし・福祉(FAQ)健康・医療(FAQ)風しんの追加的対策(風しん抗体検査・風しんの第5期の定期接種)について
更新日:

風しんの追加的対策(風しん抗体検査・風しんの第5期の定期接種)について

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を対象に、風しん抗体検査・予防接種を実施します。

風しんに係る公的な予防接種が開始されたのは昭和52年ですが、女子中学生を対象に行われてきたため、接種機会の与えられなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を中心に、風しんの抗体を持たない方が一定数存在しています。
平成30年7月以降、風しんの患者数が増加していることから、風しんの追加的対策として、これまで公的な予防接種を受ける機会がなかった世代の男性の抗体保有率を引き上げるための予防接種(風しんの第5期の定期接種)が行われることになりました。風しんの流行を防ぐため、風しんの抗体検査を受診しましょう。
実施期間は、令和4年3月31日までです。

風しんの抗体検査

対象者

島田市内に住所を有する、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性

実施場所

事業所健診や特定健診、抗体検査事業に参加している医療機関で受けることができます。抗体検査事業に参加している医療機関は、厚生労働省のホームページ(外部サイト・別ウインドウで開く)に掲載されています。

持ち物

  • 市が発行したクーポン券
  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証など)

費用

無料

風しんの第5期の定期接種

対象者

風しんの抗体検査を受けた結果、十分な量の風しんの抗体を持っていないことが判明した方

実施場所

風しんの第5期の定期接種事業に参加している医療機関で受けることができます。風しんの第5期の定期接種事業に参加している医療機関は、厚生労働省のホームページ(外部サイト・別ウインドウで開く)に掲載されています。

持ち物

  • 風しん抗体検査の結果
  • 市が発行したクーポン券
  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証など)

費用

無料

クーポン券について(令和2年6月11日更新)

風しん抗体検査・風しんの第5期の定期接種を無料で受けるためには、クーポン券が必要ですので、必ず持参してください。

令和2年度は、昭和41年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性に対し、市からクーポン券を郵送しています。昭和37年4月2日から昭和41年4月1日までに生まれた男性で、令和2年度中に抗体検査・定期接種を受けたい方は、お申し出によりクーポン券を発行することができますので、健康づくり課までお問い合わせください。

昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性に対しては、令和元年度に市からクーポン券を郵送しています。クーポン券の有効期限が2020年3月になっていますが、引き続き2021年3月まで使用することができます。まだ抗体検査を受診していない方は早めに受診しましょう。

風しんの追加的対策についての詳細や、最新の情報は、次のリンク先をご参照ください。

風しんについて(令和2年6月11日掲載)

風しんは、発熱及び発しんを主な症状とし、飛沫感染により人から人へ感染する感染力の強い疾病です。大人がかかるとその症状は乳幼児に比べて重くなることが多く、高熱が持続したり、関節痛の頻度が高いといわれています。また、妊娠中の女性が感染すると、子どもに眼や耳などの障害を含む先天性風しん症候群が生じる可能性があります。

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?