Accessibility
総合トップページ行政情報お知らせ(行政)お知らせ(事業・計画)島田市立湯日小学校跡地利活用事業公募型プロポーザル
更新日:
島田市立湯日小学校跡地利活用事業公募型プロポーザル

優先交渉権者及び次点者(令和2年12月16日掲載)

・優先交渉権者:株式会社アイワ不動産<424.74点/600点>

・次点者:マザーレイク 新谷頼正<286.5/600点>

※<>内は公募型プロポーザル企画提案審査における採点結果です。

※審査基準に基づいた審査の結果であり、各事業者の社会的な評価ではありません。

実施要領等に対する質疑応答(令和2年11月13日掲載)

令和2年11月2日から11月11日まで、島田市立湯日小学校跡地利活用事公募型プロポーザルについて質問を受け付けました。実施要領5ページに基づき、回答を公表します。

質疑応答(PDF 57.1KB)

島田市立湯日小学校跡地利活用事業公募型プロポーザルの実施について(令和2年11月2日掲載)

令和3年3月31日に閉校する島田市立湯日小学校跡地利活用事業の実施に向けて、島田市立湯日小学校跡地利活用事業公募型プロポーザル実施要領に基づき、優先交渉権者を選定します。

事業目的

閉校後の湯日小学校の敷地、校舎及び体育館等の建物の効果的な利活用を通して、湯日地区の地域コミュニティの活性化や賑わいの創出、地域振興につなげることを目的とするものです。

募集要項等(ダウンロード)

カテゴリー

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?